2013年05月04日

小さな旅 修善寺・湯ヶ島・ムットーニ その2

4月29日(月)の事を。

この日は実は夜中の午前0時から、人形劇俳優たいらじょうさんのオールナイト公演を
観に行っていました。
この公演の事については、また改めて書きたいと思います。
朝5時終演予定が、終わったのは6時半頃。

たいらさんにご挨拶もしないまま、初台にある会場THEATRE JOを飛び出す。

この日はこのまま、伊豆半島の修善寺駅の先にある湯ヶ島・天城ミュージアムで開催中の
「ムットーニシアター」を観に行きたかったからです。
10時の開館に合わせていくなら、遅くも6時45分の初台発の電車に乗らないと。
もっと早く会場を出られたら、在来線で修善寺駅へ向かうつもりでした。
そんな時間の余裕はないので、品川駅から新幹線に乗って三島駅へ。

三島駅から乗り換えて修善寺駅へ。
修善寺駅行きの伊豆箱根駿豆線の電車はブルーの色がきれいな車体でした

2013年4月29日 修善寺駅から伊豆箱根駿豆線



修善寺駅。
ここへ来たのは15,6年ぶり。様子がだいぶ変わっていました。

2013年4月29日 修善寺駅




駅構内の売店横にムットーニシアターの看板が。
2013年4月29日 修善寺駅構内



修善寺駅の改札をでると東海バスの待合室兼乗車券売り場があるのでのぞいてみると
いろんな観光案内と一緒にムットーニシアターのチラシもあるので数枚もらっておく。
9時30分発湯ヶ島温泉行きのバスに乗車。
(東海バスの修善寺駅から湯ヶ島行きの時刻表はこちらです)
お客さんは私含めて4人。
バスの運転手さんにいろいろ聞いている男性は、ほぼ行き当たりばったりで修善寺に来て、
これからどこをどう回ろうかと悩んでいるみたい。
後の二人は、地元の方か。

約30分で湯ヶ島到着・下車。
停車場のすぐそばが天城ミュージアム。

2013年4月29日 天城ミュージアム1


2013年4月29日 天城ミュージアム2




自動人形師ムットーニこと武藤政彦氏の作品展「ムットーニシアター」が開催中で
この日はご本人による上演会がある、というので駆けつけたのでした。
この展覧会の感想は、また改めて書くつもりです。
バスの中で行き先を悩んでいた人も、ここで下車したのでこれはムットーニファンを
増やすチャンス、とおもい「ここでこんな展示やってますよ」とチラシを渡そうと
したけど「いいです」と断られましたf(^ー^;


湯ヶ島は小さな町。
天城ミュージアム以外は見るところもない。
案内所があったので聞いてみても、車で5分先にある、ということでこの周辺で
食事ができるところがない。
「ミュージアム横にカフェがあります」と、いわれたけど確かにカフェだけど
屋台と言って良いくらいの小さなお店。
ここでコーヒーとフォカッチャという名のしょっぱいパンを食べる。

正確には地元の方向けの、小さな店はあったようです。

ミュージアムは券をみせれば、出入り自由だったので途中、周辺をあるいて
みましたが小さな商店が数件あるのみ。
コンビニのセブンイレブンがありました。
一人旅にでかけ、日本中どこ行ってもコンビニがあるので驚きます。

なんか少々不自由ですが、一人でのんびり天城ミュージアムの展示を繰り返し見て
夕方帰ることにしました。
修善寺まで来ても、他は見る気がまるで起きなかったのです。


昔、修善寺に来たときは修善寺ハリストス正教会と、その中にある画家山下りんのイコン画が
見たくて来たのでした。
この時は、この教会は常時人がいるところではないので、修善寺の役所に問い合わせし
月に1回だけ礼拝がおこなわれ、その時だけ一般の人も中が見られる、というのを確認して
出かけたのでした。
(今は変わっているかも知れません)






帰りは時間もあるので、新幹線を使うこともなく、修善寺から地元千葉県の松戸市
まで在来線を乗り継いで約4時間半かけてゆっくり帰ってきました。

オールナイト公演を観た後で出かけた小さな旅。
なんだか無謀ですが、それでもしっかり楽しんだ旅でした。





posted by みどり at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。