2010年12月13日

11月に観た演劇「The Blue Dragon」「ファントム」

まもなく12月も半ばになると言うのに11月に観てきた感想が書き切れていません。
まとめ書きとなりますが、お許しください。
まずは11月に観た演劇公演、その1です。


ロベール・ルパージュ「The Blue Dragon ブルー・ドラゴン」


ロベール・ルパージュ「The Blue Dragon ブルー・ドラゴン」@東京芸術劇場 中ホール
作:マリー・ミショー、ロベール・ルパージュ
出演:マリー・ミショー、アンリ・シャッセ、他


11月12日(金)に2階席で観に行っています。
この日は仕事がとてもハードだったためヘトヘト状態で劇場に到着。
恥ずかしながらほとんど寝てしまいましたm(__)m
つまり感想かけませんm(__)m

ロベール・ルパージュさんの公演はご本人が出演された一人芝居「アンデルセン・プロジェクト」
以来だったので楽しみにしていたのですが、なにやってんだか(T.T)
その時の感想はこちらにまとめています。


11月に観た演劇「The Blue Dragon」「ファントム」2010年版


ミュージカル「ファントム」2010年版@赤坂ACTシアター
原作:ガストン・ルルー著「オペラ座の怪人」
作詞:アーサー・コピット 作曲:モーリー・イェストン
演出:鈴木勝秀
出演:大沢たかお、杏、樹里咲穂、篠井英介、他


11月13日(土)に2階席で観に行っています。
演出・鈴木勝秀、出演:大沢たかお、の「ファントム」の再演版です。
初演版の公演の感想はこちらにまとめています。

日本では劇団四季の「オペラ座の怪人」が有名ですが、こちらは同じ原作を元に
してはいますが、ファントムの人間的な面を強く出している気がします。
ファントム(怪人)の名前がエリックというのは、原作にもでていることですが、
ミュージカル「ファントム」には原作には無い部分も多い。
エリックの父親が登場するのはもちろん原作には全くない事です。

大沢たかおさんがファントムを演じるのは初演と同じですが、他はほとんど総入れ替え。
闇の世界に生きていたファントムに希望を与えるヒロインのクリスティーンは今回
杏さんが演じています。

私、この方を全く知りませんでしたが今回初めて拝見して正直かなりがっかりしました。
冒頭、クリスティーンが街角で歌う場面がありますが、杏さんの歌声は残念ながら音程が
ずれまくってました。
ここで観客の気持ちをつかまなければいけないのに、完全に気持ちが引いてしまいました。
杏さんは今回がミュージカル初出演だそうですが、もっと練習していただきたい。
そもそもあの冒頭場面は難しい歌だと思うので、ミュージカル初出演の方にこの役は
酷というものです。
厳しいことばかり書いてすみません。

逆に思いがけず良かったのは篠井英介さん。
この方以前は現代の女形としての出演が多かったので、今回はいったいどんな風に
見せてくれるのかと期待半分、不安半分でした。
役どころはファントムの名乗れぬ父親というもの。
しっかり歌をきかせてくれるし、一度は捨ててしまった恋人、そしてその息子で我が子でもある
エリックへの複雑な思いの表現もすばらしい。
篠井さんの演技の幅広さが分かって、これはうれしい発見でした。



posted by みどり at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。