2010年03月20日

ムットーニ(武藤政彦)氏作 オルゴール「ON THE LOOP」

ムットーニ氏 オルゴール「ON THE LOOP」その1



2009年11月28日〜12月26日まで名古屋KENJI TAKI GALLERYで通称自動人形師ムットーニ、
本名武藤政彦さん展覧会「ムットーニ展 TIME TRIANGLE 」が開催されました。

千葉県民の私ですが、展覧会見たさに12月19日(土)名古屋まで足を運びました。
名古屋ケンジタキギャラリーでの展覧会サイトはこちらです。
観に行ったときの、展覧会の感想はこちらにまとめています。

19日は会期の途中ですが、新作オルゴールの「ON THE LOOP」が登場しました。
(新作が出ると知ったのは、この日に行くと決めた後でした)

2009年に八王子市夢美術館で開催された「ムットーニワールド からくりシアター展」で
初登場した大型作品「INTERMEZZO (インターメッツォ)」がありますが、大好きな作品です。
歌劇「カバレリア・ルスティカーナ」のインターメッツォ(間奏曲)のメロディと共に動くこの作品
去年福井県の「金津創作の森」で開催されたムットーニシアター展のサイトに画像があります
ので、リンク先をご覧下さい。

小型の「ON THE LOOP」は「インターメッツォ」のミニチュア版にも見える作品。
とにかく一目見て、その美しさにクラクラッと一目惚れ。
そして思いがけないことにこの作品とのご縁まででき2010年1月半ばに、
ヴィーナスを我が家にお迎えすることができました。

大きさは、 20x23.5 cm 高さ41.5cm
オルゴールの音楽は、パッヘルベルの「カノン」です。
実は展覧会場で、この作品を観ていたときは何度聞いてもメロディラインがつかめず
曲名が分からなかったのですが、我が家で聞いたときは1回で分かりました。

ヴィーナスはオルゴール音と共にゆっくりと回転しながら上下し、約1分50秒で動きは一巡します。
(ムットーニ氏の小型のオルゴール作品で人形が回転するのはあっても、上下に動くのは珍しいきがします。
少なくとも私は今まで観た記憶がありません)


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その2


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その3


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その4


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その5


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その9




さらにヴィーナスの足下にミラーボールの半球があるので、部屋を暗くしてやや斜めから
作品観てスイッチを入れると部屋の中にも光がクルクルと放たれていることがわかります。
(残念ながら作品を真正面から見てしまうと、光は鑑賞者の後ろにのみ放たれているので
このことに気がつかない)

ところで現在、家では作品保護のため透明のアクリルケースをかぶせていますが、この
ケースを取らずに被ったまま作品を作動させると光がケースの中で反射するので、本来
光の届かない作品上部、後にも光が回り込んでさらにきれいだとわかりました。
なので最近は、もっぱらケースをかぶせたままで鑑賞しています。

どの方向から観てもヴィーナスは美しいです。

ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その6

ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その7





観ていただいてありがとうございました。


ムットーニ(武藤政彦)氏 オルゴール「ON THE LOOP」その8




ご参考までに、リンク先はYouTubeにあったパッヘルベルのカノンです。


posted by みどり at 02:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 自動人形師ムットーニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。