2010年03月07日

バッハ・コレギウム・ジャパン第87回定期演奏会 J.S.バッハ:教会カンタータシリーズ Vol.56 「ライプツィッヒ時代1726年のカンタータ 5

バッハ・コレギウム・ジャパン第87回定期演奏会 
J.S.バッハ:教会カンタータシリーズ Vol.56
「ライプツィッヒ時代1726年のカンタータ 5」@東京オペラシティコンサートホール
指揮:鈴木雅明
ソプラノ:ハナ・ブラシコヴァ カウンター・テナー:ロビン・ブレイズ
テノール:水越啓 バス:ペーター・コーイ
合唱と管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン


2月25日(木)に1階B席で聴きに行っています。
クラシックはほとんど分からないものの、とにかくバッハの楽曲は好きなので聴きに行っています。

この日のプログラムです。

プレリュードとフーガ ハ短調(オルガン前奏 鈴木優人)
カンタータ第47番 誰であれ高ぶるものは低くせられ
カンタータ第27番 誰が知ろう、いかにわが終わりの時が迫り来るかを?
カンタータ第36番 嬉々として舞い上がれ、星々の高みにまで


カンタータ第36番冒頭の花咲くように華やかで明るい感じにはとてもひかれました。
しかもその合唱は同じメロディをバスからテノール、アルト、やがてソプラノへと低音から高音へと
なめらかに軽やかに上昇。
いかにも「嬉々として舞い上がる」感じがしてとても良いです。

皆さんは、クラシックの演奏会はどのように鑑賞しているのでしょうか。
私の場合、バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏会の時は毎回詳しい解説の載ったプログラムが
販売されるので、開演前にこれを買って演奏会の時はこれを読みつつ鑑賞してます。
たいていは演奏会中に読破することになります。

この記事にも後で、読んだ解説を頭の中でまとめるために追記するかもしれません。



4月2日には同じ会場でバッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハの「マタイ受難曲」の演奏会が
あります。
「マタイ受難曲」は大好きなので今から楽しみです(^^)




posted by みどり at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。