2008年12月23日

Slava(スラヴァ)クリスマスコンサート2008 

Slava(スラヴァ)クリスマスコンサート2008 


Slava(スラヴァ)クリスマスコンサート2008 @東京オペラシティ コンサートホール


12月17日(水)に3階席で聴きに行ってます。
カウンターテナーのスラヴァさんのソロコンサートです。
ここ数年この時期になると日本にやって来てくれるのがうれいしです。

この日の客席はなぜか空席が目立つのがもったいない。
私が悪いんじゃないけれど、Slavaさんに申し訳ないくらいでした。
数年前はほぼ満席だったのに、今回はどうしてこんなにあいてるの???
宣伝が少なすぎるんじゃないのか?

それはともかくコンサートはすばらしかったです。
透き通るようなSlavaさんの声。しかも今回はSlavaさんによるヴァイオリンの
演奏まで聴かせてもらえるという贅沢なものでした。
知らなかったのですが、Slavaさんは音楽は最初はヴァイオリンを勉強されて
いたのだそうですね。
なるほどと納得できる演奏でした。

この日のプログラムです。
チャイコフスキー:ただあこがれを知る人だけが
チャイコフスキー:夜
ラフマニノフ:ライラック
ラフマニノフ:ヴォカリーズ(これはボーカルではなくSlavaさんのヴァイオリン演奏)
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
スラヴァ:アベ・マリア(Slavaさんオリジナルのアベマリアです)
グリーグ・ソルヴェイグの歌(Slavaさんのボーカル+口笛あり)
カッチーニ:アベ・マリア
<休憩>
ワイル:アイム・ア・ストレンジャー・ヒヤ・マイセルフ
ワイル:セプテンバー・ソング
ワイル:マック・ザ・ナイフ
ミルトン:クライ・ミー・ア・リヴァー
アーベ:ネイチャー・ボーイ
ウルヴァース:ライク・アン・エンジェルより「夢うつろ」
ヴェラスケス:ベサメ・ムーチョ
シューベルト:アベ・マリア
モリコーネ:マイハート・アンド・アイ
バーリン:ホワイト・クリスマス
チャップリン:スマイル


「ホワイト・クリスマス」はやはり今の季節にぴったりの歌ですね。
そしてSlavaさんが優しく、そしてちょっぴり茶目っ気のある感じで歌ってくれた
「スマイル」にはとても心が癒されました。

アンコール曲ボンファの「カーニバルの朝」と、スコットランド民謡「ブロウ・ザ・ウインド・サウザリー」あと2曲でした。
張り出されたものを携帯で写真を撮ったのですが、写りが悪くタイトルがイマイチよく分かりませんでした。
ご紹介できなくてごめんなさい。


ところで私の席は3階席。
良い位置とは言えませんがお財布の都合で買ったチケットはこの席でしたf(^―^;
どうしても下から声を聴く、と言う感じになっていたのですが、不思議なことに
アンコールの最後の曲だけはしっかり、はっきりと聞こえてきました。
他の曲の時はピンマイクを使っていたけれど、Slavaさんはこの時だけマイクを
付けてなかったようなのです。
生の声の迫力がすばらしかった!という、ことのようです。

この日は会場で同じSlavaファンの友人とも再会できたのも、わずかな時間とは
いえとてもうれしいものでした。

posted by みどり at 10:33| Comment(2) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする