2008年12月17日

小説「容疑者Xの献身」

小説「容疑者Xの献身」


小説「容疑者Xの献身」@東野圭吾著


映画「容疑者Xの献身」を見て初めて作家東野圭吾さんの事をしりました。
映画がとてもおもしろかったので、私にしては珍しくすぐに原作本を手にして読んで
しまいました。

原作本もとてもおもしろかったです。物理学者・湯川学を主人公にした「ガリレオ」
シリーズの1編として書かれた物だそうですが、私はシリーズの他のエピソード
を全く知りません。
それでもこの「容疑者Xの献身」はとてもおもしろかったです。
直木賞受賞作品だと言うのも納得です。

内容については映画と同じなので紹介はここでは省かせていただきます。
映画の感想はこちらにまとめています。

映画はこの原作小説を忠実に映画化してると言うことがよく分かりました。
映画では物語の舞台となる場所を視覚化する必要から、原作では曖昧とした場所も
はっきりと場所を特定して見せていることもわかりました。
墨田川、そこにかかる清澄橋、新大橋、数学教師の石神が毎日のように通う弁当屋
の近くの浜町公園、ラストシーンでバッチリ映っていた某企業の建物。
私は以前このあたりで働いていたことがあるので、映画で風景が映ると場所がすぐ
分かるところが多く、それが映画の内容とは別にとてもおもしろかったのです。
ラストシーンでうつる隅田川沿いの建物などかつての勤務会社でしたから。

原作の感想からちょっと外れてしまいましたね。
原作はやはり、前の夫を殺害してしまった靖子と、彼女に思いを寄せるアパートの
隣の部屋の石神の心の様子がとてもきめ細かく描かれていました。
映画の方は石神に重点を置いて描き、靖子のことはやや省略気味であると
分かりましたが、映画としてはこれは正解だったと思います。
いちいち描いていたら映画としての展開がもたついてしまいます。
映画で、湯川と石神に焦点を絞っているのはうまい脚本だと思います。
ただラストで靖子がついに告白するにいたる心理はやや弱い感じがしました。
原作では納得できるようなエピソードが描かれているのですが、映画では略しているからです。
ネタバレになるのであまり詳しく描けませんが、靖子の娘にかんすることです。

それでも思いを素直に伝えられない一人の男性の姿と、ラストシーンにはやはり
泣いてしまいました。

原作・映画、ともに話題になった「容疑者Xの献身」ですが来年春には演劇集団
キャラメルボックスが舞台化するそうで、これもまた楽しみです。
posted by みどり at 10:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鬼太鼓座 X OKI 和太鼓とアイヌ音楽」

「鬼太鼓座 X OKI 和太鼓とアイヌ音楽」


アムネスティ世界人権宣言60周年記念コンサート
「鬼太鼓座 X OKI 和太鼓とアイヌ音楽」@新宿文化センター・大ホール
出演:鬼太鼓座、OKI、吉澤良治郎(ドラム)、他

12月10日(水)に聴きに行っています。
世界人権宣言というのは1948年12月10日に「世界中すべての人に人権を
認める」という宣言が国連で採択されたことを、指すのだそうです。
その「世界人権宣言」が60周年を迎えることを記念した音楽キャンペーンです。

この日の公演の司会はテレビでもおなじみのイーデス・ハンソンさんでした。

和太鼓で有名な鬼太鼓座(おんでこざ)の演奏は、テレビで見たことはありますが
実際に生の演奏を聞くのは今回初めてでした。
普通では見たことのないくらいの大太鼓の演奏、そして奏者の男性の肉体美を
誇示するような演出はとても迫力がありました。
和太鼓というと下町の祭り囃子のようなものが頭に浮かびますが、鬼太鼓座の
演奏は、音と見た目のパフォーマンスを重視しているようでその音の迫力と
祭り囃子とは全く違うスピード感に酔わされます。

そしてこれは全く初めて知ったOKI(おき)さん。
樺太アイヌの弦楽器トンコリの演奏者としてだけでなく、アイヌ音楽をベースに
世界の音楽を取り入れた独自の音楽活動をされているそうです。
トンコリ・・・見た目は細長いギターみたいな感じです。

そして一緒に歌を披露してくれたのはアイヌの伝統的音楽をテーマに活動をしてる
という女性ボーカルグループの「マレウレウ」。
4人グループらしいのですが、この日出演されていたのはたしか3人でした。

アイヌの独特な旋律は、なんだかとても不思議な感覚があります。
音楽のメロディだけでなく、アイヌの言葉の旋律、この二つが織なすハーモニーは
まるで呪文のようで引き込まれてしまいました。
なかでもOKIさんのトンコリの演奏と共にともに歌われた歌で、理想の良いお婿さんが見つかった
という内容の歌が特に良かった。
歌詞の意味は分からなくても、明るく華やかな感じがしました。

鬼太鼓座、OKIさん、マレウレウ、そして吉澤良治郎さんのドラム。
迫力満点のコンサートでした。
posted by みどり at 10:48| Comment(2) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする