2008年04月30日

宝塚歌劇宙組公演「黎明の風」「愛の旅」

宝塚歌劇宙組公演「黎明の風」「愛の旅」


宝塚歌劇宙組公演「黎明の風」「愛の旅」@東京宝塚劇場

4月17日(木)に2階B席で観ています。

第1部はミュージカル「黎明の風  侍ジェントルマン白洲次郎の挑戦」
作・演出:石田正也
連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)に対してもひるむことなく、戦後日本の復興・独立のために
力をつくした白洲次郎の物語。

白洲次郎さんのことはほとんど知りませんでした。
そういえば以前NHKの「その時歴史が動いた」で見た覚えがあるな、程度です。

白洲次郎を演じるのはもちろん宙組トップの轟悠さん。連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー役は
大和裕河さん。当時の首相の吉田茂に汝鳥伶さん。
特に汝鳥伶さんの吉田茂は、なんの違和感もなくぴったりはまってるのに感心しました。

華やかミュージカルが多い宝塚歌劇公演にしては、社会的、政治的な色合いが
濃いなかなかの意欲作だと思いました。
内容は興味深いのですが、話の筋を追っていくだけでいっぱいで白洲次郎や妻、
マッカーサー、吉田茂の人間的な所までは描ききれていない感じもします。
いい役者さんがそろっているのにもったいない。
もう少しアプローチを変えればもっと見応えのある作品になるのでは?
題材は悪くないけれど、残念ながら宝塚向きでは無い感じもします。
やはり宝塚ファンは華やかで夢のある舞台を期待しますから。

1階席は見てないので分かりませんが、2階席はガラガラに空いていたのでびっくり
でした。なんでこんなに人気がないのか?
主役は轟悠さんで人気がないとは思えない。やはりこの演目のせいなのでしょうか。


第2部はグランド・レビュー「愛の旅」
作・演出:酒井澄夫
恥ずかしながら内容をほとんど覚えてないので、こちらの感想は省略します。
ごめんなさいm(__)m
posted by みどり at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

放送大学5科目受講中

書きそびれていましたが、4月からまた放送大学の選科履修生になっています。
もたもたしていたら、もう大学本部から通信指導問題が送られてきました。
提出締め切りは6月6日大学本部必着です。

今回は数学を一から勉強し直したいと思いました。
できれば長岡亮介先生による科目をとりたいと思っていました。
以前取ったこの先生の線型代数はとてもとてもわかりやすかったです。
それまで別の先生による教科書と、講義ではさっぱりわからなかったのに長岡先生
のは講義はまさに目から鱗が落ちる思いでした。

結局、長岡先生の科目は「数学再入門」「初歩からの数学」「数学とコンピュータ」、
ついでに欲張って他に「コンピュータのしくみ」「消費者と証券投資」の計5科目も受講
してしまいました。

放送授業を録画しておけば家でゆっくり視聴できるけれど、つい録画をしそびれるし
家では気が散るので、結局学習センターで視聴しています。
(私は東京足立学習センターに行っています)

テキストを読み出してやっとそれぞれの科目のレベルが分かりました。

「初歩からの数学」は本当に数学の基礎の基礎。
「数学再入門」は高校1年くらいは分かっている人向けで、「初歩からの数学」より
やや上級。
「消費者と証券投資」をとったのは最近、株式や投資信託に興味をもった(実はもう始めて
しまったのですが)のでしっかり勉強しておこうと思ったからです。

「コンピュータのしくみ」と「数学とコンピュータ」はタイトルがなんとなく似てるけれど
「コンピュータのしくみ」は文字道理、コンピュータの外見や、回路からみたコンピュータの
仕組みについて、「数学とコンピュータ」はコンピュータが単なる計算機ではないこと、コンピュータをつうじて数学を理解することを目指しています。
数式から図形を描くソフトenuplot(ヌープロット)を利用するなど
なかなか興味深いです。

はたして5科目全部こなせるかどうかまだ分かりません。
7月後半には単位認定試験があります。

とりあえず今は4月中の学習がこなせてないのでなんとかこなすのが目標です。
posted by みどり at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

映画「潜水服は蝶の夢を見る」

映画「潜水服は蝶の夢を見る」



映画「潜水服は蝶の夢を見る」@渋谷 シネアミューズ イースト
監督:ジュリアン・シュナーベル  原作:ジャン=ドミニク・ボビー
出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、他
2007年 第60回カンヌ国際映画祭 監督賞、高等技術賞受賞

4月16日(水)のレディスディに観に行っています。
実在したジャン=ドミニク・ボビーという方をモデルにした映画だそうです。
大変な障害を持った方の人生を、凝った映像で見せてくれる映画でした。


<あらすじ>
43歳のジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は妻と三人の子どもがいて、
世界的なファンション雑誌「ELLE」の編集長として活躍する忙しくも充実した毎日。
人もうらやむ順風満帆の生活を送っていたボビーだが、ある日突然脳梗塞で倒れてしまう。
約20日間の昏睡状態から奇跡的に目覚めるが、その身体は完全に麻痺して
しまっていた。
わずかに動かせるのは左目のまぶただけ。
言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)は、彼とコミュニケーションをとる
手段として、まぶたの瞬きを利用する手段を発明する。
「はい」は瞬き一回、「いいえ」は二回。
彼女が使用頻度の多い順にならべたアルファベットを読み上げる。
彼が文字を選ぶときは瞬きをして合図する。
そうして彼は文章をつくり、会話をしていきます。
友人、仕事仲間、妻、子ども達、そして年老いた父とも。
やがて彼は編集者クロード(アンヌ・コンシニ)の忍耐強い協力のもと、自伝をつづって
行きます。



タイトルの由来は本人の書いた「身体は潜水服を着たように重くても、ぼくの想像力と
記憶は蝶のように自由にはばたく」からきているようです。

ある日突然倒れてしまう。その後そのまま死んでしまうか、目覚めても身体の自由が
まったくきかなくなっていたり。誰にでもありうる事なのが怖いです。
映画はジャン=ドミニク・ボビー(通称ジャン・ドー)が病院のベッドの上で目覚めるところから始まります。
自分の状況が把握できないジャン・ドー。
右目を保護する為にとまぶたを縫いつけ、閉じられてしまう。視界は左目のみ。
動かない身体と、思うように伝えられない意思。
自分がこんな状態になったらと思うと正直ゾッとします。

しかも、映画でまぶたを縫いつけ閉じられるシーンがちょうど彼の側からみて、次第に
視界が閉じられていくようにみせられるので、これはかなり怖かったです。

一時は絶望するけれど、自分には左目の瞬きと、記憶と想像力がある、と気がつき
自伝をつづり始める。
彼の意志の強さもすごいですが、彼にわずかに残された能力に着目しコミュニケーションの
手段を考えた言語療法士や、彼の自伝作りに協力した編集者の恐るべき忍耐力にも頭がさがります。
ジャン・ドーにとってはこの自伝づくりは体力と気力を大きく消耗する、大変な作業
だったのでしょうが、これが生きる励みにもなっていたのでしょう。
この自伝が本国で出版された
数日後の1997年3月9日に亡くなっているそうです。

海中の下深くにだたよう潜水服のシーンが何度も登場します。
海中は濁って数メートル先も見えません。
自由のきかないジャン・ドーの姿を実にわかりやすく、視覚的に見せてくれています。

動けないジャン・ドーが妻や子ども達と浜辺に行くシーンは広い海と、広い空がみえ
開放感があり、美しいシーンです。
独り者の私には、身動きできなくても妻子に囲まれているジャン・ドーはこの上ない幸せ者にみえます。
氷河が崩れ落ち、また元に戻るシーンもジャン・ドーの秘めた力強さを感じました。
私には、これが軽やかに風に舞う蝶の姿ともタブって見えました。
そういえばこの映画、蝶が飛ぶシーンは無かった気がします。

病で倒れる前の活動的なジャン・ドーはもちろん、動けなくなった彼を演じるマチュー・
アマルリックの演技も魅力的な映画です。

自伝が読んでみたくなりました。
(本の方の日本語訳では、彼の名はジャン=ドミニック・ボービー)
実際のジャン=ドミニク・ボビーとクロードを撮影したジャン=ジャック・ベネックス監督
による27分のドキュメンタリー映画「潜水服と蝶」も作られているそうです。
今後上映の機会があれば、見てみたいです。
posted by みどり at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

ジャン・ルノワール監督名作選 映画「マッチ売りの少女」他

「ジャン・ルノワール監督名作選」



ジャン・ルノワール監督名作選
映画「マッチ売りの少女」他 @東京国立近代美術館フィルムセンター


4月15日(火)に観に行っています。
ジャン・ルノワール監督特集の今回はサイレント映画時代の作品と、俳優に演技指導を
している監督の様子を撮影したドキュメンタリー作品の上映です。


「チャールストン」
1927年作品、無声・白黒映画
舞台は荒廃した未来のパリらしい。先進国からやってきた紳士的な黒人が、パリに住む
野生児のような女性にダンスを教えるというもの。
字幕が無いので話は全く分かりませんが、内容は上記のもののようです。
チラシの解説によると、野生児のような女性はカトリーヌ・ヘスリング、黒人はジョニー・ヒギンズ。
私はまったく知りませんでしたが、二人ともかなりの有名人らしく彼らのダンスが
見られるというのが、この映画の見所らしいです。

この時代にしては露出度の多い、かなりセクシーな衣装のカトリーヌ・ヘスリングが
キュートでした。


「マッチ売りの少女」
1928年作品、無声・白黒映画
アンデルセンの童話の映画化です。
マッチ売りの少女の名前はヘレン。彼女が寒さに耐えられずマッチをすると夢の世界
にやって来ます。
お伽の国のような世界ですが、そこでヘレンは死に神追われ捕まってしまいます。
倒れたヘレンの横に立っている十字架が、薔薇の木にかわり花が咲き、その花びらがヘレンの顔に降りかかります。
舞い落ちる薔薇の花びらが、やがて彼女に降りかかる雪に変わっていくシーンは
とてもきれいでした。


「ジャン・ルノワールの演技指導」
1968年作品  監督:ジゼル・ブロンベルジュ
これはジャン・ルノワール監督が映画「河」を撮影時、出演の女性に演技指導をしている様子を撮したものです。
一番最初に台本を読むときは感情を込めるな、と言っているのが印象的。
最初に台本を読むとき、最初の演技はまずはなんの先入観なしに取り組め、
ということのようです。
posted by みどり at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

映画「クロサギ」

映画「クロサギ」



映画「クロサギ」@MOVIX亀有
監督:石井康晴  原作コミック:黒丸(原案:夏原武)
出演:山下智久、堀北真希望、山崎努、哀川翔、竹中直人、大地真央、他


4月14日(月)のレイトショー上映を観に行っています。
(この映画館では夜8時過ぎに上映開始の映画は当日料金が1200円になります)

私は漫画は読まないし、TVドラマもほとんど見ないので原作が大人気コミックであること、
これを元にしたTVドラマが大ヒットしたこと、まったく知りませんでした。
詐欺師を騙す詐欺師、通称「クロサギ」の話と言うのには興味をひかれ観に行きました。
何も知らずまっさら状態で観た今回の映画、少なくとも私はがっかりしました。
原作も知らないで見に行くもんじゃないよ、と言いたい方もいるでしょうが、原作知らないと
分からない、楽しめない映画は映画として未完成品だと感じます。


<あらすじ>
黒崎(山下智久)は、詐欺師にあった父親が一家無理心中を図り、自分一人だけ
生き残ったという過去を持つ。
復讐のため自ら詐欺師となり、悪辣な詐欺師のみをねらい打ちし、被害者が奪われた金銭を騙し帰す「クロサギ」となる。
今回のターゲットは倒産詐欺を企てる「シロサギ」の石垣(竹中直人)。
黒崎に情報を売るが、敵か味方かよく分からない桂木(山崎努)。
黒崎を捕まえようとする刑事の神志(哀川翔)、正体不明の綿貫(笑福亭鶴瓶)が
動き回ります。



主人公の黒崎以外は、TVドラマでもおなじみの出演者がそろっているそうです。

詐欺師を騙すなら詐欺師なら、あらゆる分野での膨大な知識、特に今回の場合をみると
コンピューターのプログラム上のかなり専門的な知識が必要だと思うのですが
山下さん演じる黒崎を見る限り、そう言う人間にはとても見えないです。
黒崎になにかと手を貸している桂木という人物が、これまた手を貸しているのかも知れませんが。

黒崎が変装して石垣に会っているのに、髪の色やメガネを変えた変装でまた石垣に
会って騙す、というのもかなり苦しいです。
相手は百戦錬磨のシロサギの石垣です。
そんな石垣が一度会った相手を、この程度の変装で見破れないはずありません。
コミックだったら、ものすごい変装させることでこの設定も通ると思いますが、映画の
スクリーン上で見る限りは、これじゃ絶対ばれるだろうと思いました。
これでなぜ石垣は気がつかないんだ、と思ってしまったくらいです。

この映画を見る限りは山下智久さんが、黒崎役を演じるのは少々無理があったように感じました。
山下さんの力量の問題だけでなく、監督の演出にも問題があるのだと思います。

常連出演者はもちろん、シロサギ役に竹中直人、暴力団幹部に石橋蓮司、黒崎を助ける
謎の人物に笑福亭鶴瓶など、豪華メンバーがそろった映画でした。

posted by みどり at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

映画「Sweet Rain  死神の精度」

映画「Sweet Rain  死神の精度」



映画「Sweet Rain  死神の精度」@MOVIX亀有
監督:筧昌也  原作:伊坂幸太郎「死神の精度」
出演:金城武、小西真奈美、富司純子、他


4月13日(日)のレイトショーで観に行っています。
原作は全く知りません。ハデさは無いけれど、しんみりとよい味わいの映画だと思いました。

<あらすじ>
彼「千葉」(金城武)が地上に現れるのは、その人間が死ぬ7日前。
7日間その人間を観察して実行(=死)か、見送り(=生かす)かを判定するのが彼の
仕事。
彼が現れるときは、いつも決まって雨がふる。だから彼は青空を見たことがない。
彼のそばにいつもいる黒い犬は彼の上司。
年を取らない千葉は、1985年電気メーカー苦情処理係の藤木一恵(小西真奈美)、
2007年ヤクザの藤田、2028年美容師のかずえの前に姿を現していきます。
その「判定」の結果は?



人のすぐそばにいつも天使がいる、という物語だとヴェム・ヴィンダースの「ベルリン 天使の詩」が思い出されます。
今回は天使ではなく、死神という設定。
なによりも金城武演じる死神の「千葉」がいいです。
全然怖くない死神です。
そして彼は音楽が大好き。「ミュージック」と呼んでこよなく愛しています。
いつも穏やかで、その姿はこれから「判定」をくだす相手に近づきやすいことを考慮してか、
相手にみあったスタイルで現れます。
苦情処理の仕事をやっている孤独な一恵の前ではやさしい好青年タイプ、ヤクザの藤田の
前ではやはりヤクザの兄さんタイプ、高齢の美容師かずえの前では孫か息子にもみえる感じのお兄ちゃんタイプ。
姿が変わっていても性格は穏やかという所は一貫しています。
どっちかというと、穏やかというより天然ボケの感じがありますが、これはこれで
なかなか好感がもてます。

彼の上司の黒い犬との会話シーンも変わっています。
大半は、どこか高架の工事現場のような場所で会話を交わしているのですが、千葉は普通に
しゃべっているのに黒犬のほうの言葉は、スクリーンに字幕が現れて表現されます。
お互い人間ではないのですから、こういう表現もいい効果が出ているとおもいました。
場所が地上ではない、でも天国でも地獄でもない場所、どこか中間的な雰囲気があります。

小西真奈美さん演じる藤木一恵はすこしぼおっとして、かなり暗い雰囲気がありますが
孤独な女性の雰囲気が良く出ていたと思います。
千葉と出会って(もちろん死神とは知りません)少し表情がやわらくなってくるところがかわいいです。

富司純子さん演じる美容師のかずえは、息子とのことである悩みをもっています。
しかし年をとっていてもきれいです。きれいすぎる感じもします。
自分が70歳になったときあんなにきれいにいられるだろうか?



死神・千葉の時を超えた物語の中に様々な人間の人生がリンクしているのが見えてきます。
人生いろいろあるけれど、その時々につらいこともあるけれど、結局は死ぬ間際に
自分の人生はどうだったんだろう?とどんな判定が出せるかなんだと感じます。
くいのない人生を送りたいものです。

posted by みどり at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団四季・東京「キャッツ」60回目

劇団四季・東京「キャッツ」 60回目@東京 キャッツシアター

4月12日(土)の夜の回を2階C席で観ています。

この日の主な配役です。
長老猫オールドデュトロノミー・・・石井健三
娼婦猫グリザベラ・・・早水小夜子
少女猫シラバブ・・・南めぐみ
プレイボーイ猫ラム・タム・タガー・・・福井昌一
マジシャン猫ミストフェリーズ・・・金子信弛
ボス猫マンカストラップ・・・西門宇翔
鉄道猫スキンブルシャンクス・・・石井雅登
ディミータ・・・レベッカパレット
マキャビティ・・・片山崇志
タンブルブルータス・・・川野翔


私にとって記念すべき60回目のキャッツ。
よく見たものです。
今回の東京公演が始まった頃は、月に一回観に行っていたのですが途中から月2回
になってしまいました。
買うチケットはほとんど一番安いC席です。

何かいいの?といわれれば音楽もダンスもいいし、何よりも劇場の中は「お祭り」の
雰囲気なのが楽しいからと、なります。

同じミュージカル公演でも出演者によってその雰囲気は随分変わると感じます。
今回の公演で一番気になるのはミストフェリーズの金子信弛さん。
やはりこの方の歌には・・・・がんばってください、としか言えません。

カーテンコールではタンブルブルータスと握手できました。

劇団四季のことを少々。
四季の公演のことを紹介したTV番組は関西ではよく放送されるようです。
番組のワクをどう取るとか、スポンサーのこととかいろいろ関連してるんでしょうけど
関東圏では放送がないのが残念です。
posted by みどり at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季・東京「キャッツ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

映画「フレンチ・カンカン」

「ジャン・ルノワール監督名作選」



「ジャン・ルノワール監督名作選」
映画「フレンチ・カンカン」@東京国立近代美術館フィルムセンター
監督:ジャン・ルノワール
出演:ジャン・ギャバン、フランソワーズ・アルヌール、マリア・フェリックス、他
1954年 フランス映画

4月23日(水)に観てきました。良い映画でしたので早めに感想を書き留めておきたく
なりました。
とにかく楽しい映画でした。

画家のオーギュスト・ルノワールの息子で映画監督のジャン・ルノワール。

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで「ルノワール+ルノワール展」が開催されて
いますが、それと連動した特集がフィルムセンターで行われていました。
13プログラムが組まれ、私もこの日を含め合計3回足を運びました。
(観てきた他の映画についての感想は後日書きます)
今回は映画ファンだけでなく、絵画ファンまで来たようで上映会は毎回大盛況だった
ようです。
23日の夜は今回の特集の最終日の最終回。上映作品も代表作との誉れ高い「フレンチ・
カンカン」のせいか、場内満員御礼でした。


<あらすじ>
舞台は19世紀末のパリ。
興行師のダングラール(ジャン・ギャバン)は、下町の酒場で踊るニニィ(フランソワーズ・
アルヌール)に心動かされる。
彼は自分の店を処分し、「白い女王」を買い取り、カンカン踊りを復活させようと
「赤い風車(ムーラン・ルージュ)」を建設しようとする。
ニニィは洗濯屋で働いていて、初めはダングラールを警戒していたが彼の薦めで
ダンスのレッスンを受けるようになり、彼にも惚れ込んでしまう。
以前の店からのスター、ローラとニニィが衝突を繰り返し、ローラに気のある出資者が
援助を止めたりしてなかなか計画通りにいかない。
ニニィには以前からポウロという夫婦同然の恋人があったり、ニニィに恋するアラブの王子が
いたり、と彼女の回りも忙しい。
ようやく開店にこぎつけた「ムーラン・ルージュ」、ショウがはじまる直前になってニニィ
は他の女性とつきあっているダングラールに腹を立て、出演しないと言い出しますが・・・。



「ムーラン・ルージュ」は実際にあったお店で、その創始者の名前は実際はこの映画
とは違うようです。
「ムーラン・ルージュ」と聞くと真っ先に思い出すのは画家のロートレックですが、今回
の映画を観ていると先日「ルノワール+ルノワール展」を観ていたせいもあってでしょう、
画家のルノワールの方を思い出しました。
カラー映画の中で、動くキャラクター達をみているとまるでオーギュスト・ルノワールの
明るく華やかな絵画が動き出しているように見えました。
ロートレックの絵は、あまり色彩が華やかではないからやはりこの映画と結びつけるのは
ちょっと無理でした。


また、ドアでの人の出入りを撮すのと同時に、ドアの横にある鏡に映った室内の
様子も見せたりと視覚的に凝ったシーンもあります。
ニニィが外の階段の手すりにまたがって滑り降りるシーンも彼女のうきうきした心情を
表すようで明るく楽しい。

よく見れば複雑な人物関係のある映画ですが、自分の夢を実現させようとする男の物語が
メインなので、わかりずらいということはありませんでした。

女性にもてもてのダングラール。かつては彼と一緒に仕事をしていたらしい女性が
今は落ちぶれて、乞食同然の生活をしているという気になる場面も出てきます。
しかし彼女は彼を恨んでいるようすもなく、お互い普通に会話をしているので
すこしホッとします。

後半は華やかなショウ場面。
直接舞台を観ないで、舞台裏でショウの音楽と観客の歓声を聞いて満足そうな
顔のダングラール。
彼の様子を見ていると、こちらもうれしくなってきます。
ラストの派手で華やかなフレンチ・カンカンのショウ場面は圧巻でした。
明るい音楽と、踊り子達のはじけるようなダンス。
映画とはこんなにも楽しい物だったか、と改めて感じた作品でした。

この映画には歌手のエディット・ピアフもゲスト出演していたそうです。
残念ながら、これには全く気がつきませんでした
posted by みどり at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

映画「タクシデルミア ある剥製師の遺言」

映画「タクシデルミア」  パンフレット



映画「タクシデルミア ある剥製師の遺言」@渋谷 イメージフォーラム
監督:パールフィ・ジョルジュ  原作:パルティ・ナジ・ラショ
出演:チャバ・チェネ、ゲルゲイ・トローチャーニ、マルク・ビショシェフ、他
ハンガリー・オーストリア・フランス合作(ハンガリー語)
2004年サンダンス・NHK国際映像作家賞受賞



4月11日(金)に観に行っています。
祖父・父・息子の親子三代の数奇で、奇妙な人生を描いたダーク・ファンタジー。
思っていた以上に、エグイ映像満載なので普通の映画ファンの方は、観に行かない方が無難なようです。

私はいつも冒頭にはチラシを画像を載せるのですが、さすがに今回はイヤなので
パンフレットの画像にしました。
チラシ画像は一番下にのせてあります。

「タクシデルミア」は「剥製術」という意味があるそうです。

<あらすじ>
第1部は第2次大戦中の祖父(チャバ・チャネ)の物語。
愚鈍な兵士の祖父は中尉の家で下男のようにこき使われている。
中尉の娘達の入浴をのぞき見、彼の妻に誘われて関係を持ってしまうがばれて
射殺されてしまう。
生まれた子カールマーンは中尉の家で育てられる。

第2部は成長したカールマーン(ゲルゲイ・トローチャーニ)の物語。
国内では大食いが正式なスポーツ競技となっていて、巨漢の彼は有名な大食いアスリートとなっていた。
大食いがオリンピック競技になっていないことを残念がる彼。
女性大食いアスリートのギゼラと結婚。二人には小さな息子ラショがうまれる。

第3部は成長したラショの物語。
剥製師となった彼は、真面目で寡黙。スーパーのレジ係の女性に思いを寄せるがデートに誘ってもふられてしまう。
父のカールマーンは自分で身動きできないほどの肥満体になって、母も愛想をつか
して家をでていた。
そしてある日、事件が起きラショはある計画を実行します。


とにかく挑発的な映画です。
サンダンス・NHK国際映像作家賞受賞した作品はNHKで放送されるのが常なのにこの作品は
見送られた理由がよく分かりました。この内容ではTV放送は無理です。

祖父の物語はかなり悲惨です。
中尉に罵倒され、こき使われ豚小屋とつながる小屋で寝起きする日々。
その場の風景も空気も薄汚れた感じのする映像。
そしてあからさまに映し出される性器にはびっくりしました。
たとえばお風呂に入ろうとしてチラッと見えるならともかく、彼が猥褻なことを妄想してる
場面でみせられるのですから。
私はポルノ映画を観に来てしまったのか!?と思ってしまいました。
過剰な妄想におぼれゴミのように生き、ゴミのように死んでしまった祖父。
性欲という人間の欲望が拡大、誇張して描かれた物語だったようです。

そして大食いアスリートの父。
人間の欲望の中でもっとも基本的な食欲をあつかった物語。
大食い競技の為、訓練する日々。競技が終われば食べた物を吐きまくる。
これも過剰すぎる映像です。私はなるべくスクリーンを見ないようにしていました。
大食いアスリートとして限界を感じ挫折感をあじわう父。

そして現代での息子ラショの物語。両親とは似てもにつかぬやせっぽち。
身動きできない父の世話をし、剥製師の仕事をする彼。
親子三代の中では一番まともな人間です。しかし最後にはとんでもないことを考える。
人間の自己顕示欲を具現化した物語のようなきがしました。
マルク・ビショシェフ演じるラショはとても印象に残りました。
映画にうつる剥製の数々も、この映画のために作った独創的な作品らしいです。

親子三代の物語とはいっても、それぞれの物語にはほとんどつながりを感じません。
むしろバラバラな感じがします。バラバラだけど親子の物語。
一番まともに見えるラショには、祖父・父の人生が被っているというか続いている
と考えるとなんだかとてもシュールです。

ラストに触れるので詳しくは書けませんが、ラショが自らの身体を残そうとする為の
装置は機能美とでもいうのでしょうか、奇妙な美しさを感じました。
原作のある映画ですが、このラショの物語は原作にはないオリジナルだそうです。

おぞましくも、美しい映像の映画です。
最初から最後までスクリーンを見続けるには、かなりの勇気がいります。

映画「タクシデルミア」
posted by みどり at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

ミュージカル「SEMPO」

ミュージカル「SEMPO」
ミュージカル「SEMPO」@新国立劇場 中ホール
演出・脚色:大谷美智浩  作詞・作曲:中島みゆき
作曲:吉川晃司、Peter Yarin
出演:吉川晃司、今拓哉、森奈みはる、彩輝なお、沢木順、他

4月10日(木)に2階席で見ています。

第2次大戦中、東ヨーロッパのリトアニアの日本領事館で領事代理となった杉原千畝(すぎはらちうね)
さんのことを題材にした作品です。

杉原さんは、ユダヤ人のために日本通過のビザを発給しています。
ユダヤ人の避難民は迫害を逃れるため、シベリア鉄道を利用してソ連を通過、さらに
日本経由でナチスの勢力の及ばないアメリカや南米を目指したのだそうです。
当時ドイツよりだった日本政府はビザの発行を認めなかった為、悩んだすえ杉原さんは
独断でビザの発行をしたのだそうです。
このことが日本政府に知れたら、自分の地位も危なくなるのですが、杉原さんの発行した
ビザのおかげで多くの命が救われることになりました。

杉原さんは、自分の名前の千畝(ちうね)が外人には発音しづらいので、自分から
「せんぽ」と名乗ることが良くあったようです。
そのことが逆に大戦終了後、ユダヤ人の方々が杉原さんを探し出そうとするときの
障害になったようです。

ミュージカルの方も、第二次大戦中の世界の情勢をわかりやすく見せた上で
ユダヤ人の方々のための、杉原さんがビザを発行し、リトアニアの日本領事館を去る
までが描かれています。

杉原千畝(吉川晃司)、妻の幸子(森奈みはる)という配役。
ユダヤ人の若者ノエル(今拓哉)とソビエト将校の娘エバ(彩輝なお)の恋人同士の
物語の方が全面に出ているような感じがしました。
こちらの方が観客にわかりやすく、とっつきやすいという考えだったのでしょうか。

大戦中の世界情勢の見せ方も、セクシーな衣装の女性達を各国に見たてショー仕立ての説明場面も
わかりやすい。ミュージカルを意識したのでしょう。
けれど、なんだか杉原さんの物語とは微妙な雰囲気のズレを感じてしまいなんだか
見ていて居心地悪かったです。

音楽は親しみやすさを感じました。
ただ私には、耳に残るような、是非何度も聴いてみたいと感じる曲は無かった気がします。

せっかく作ったミュージカルですから、練り上げた上でまた再演してほしいと思いました。


杉原千畝さんを題材にした舞台、映画はいくつか作られているようで、記憶に新しいところでは
2006年2月に神奈川県民ホールで上演された新作オペラ「愛の白夜」
(作曲:一柳慧、演出:白井晃)があります。
アメリカではクリス・タシマ監督、主演で「ビザと美徳」という約30分の短編映画も
つくられ、1998年のアカデミー短編実写賞を受賞しています。
オペラ版は2回しか上演されなかった作品なので、ぜひもう一度見てみたいと思います。
せっかく作ったのにお蔵入りではもったいないです。



家の中を整理していたら「ビザと美徳」のチラシがでてきたので、ご紹介しておきます。
(チラシをコピーして利用したチラシと言った方がいいのですが、クリスタシマさんが
素敵なのでご紹介します)

映画「ビザと美徳」
posted by みどり at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする