2007年02月01日

「えっと、おいらは誰だっけ?」

「えっと、おいらは誰だっけ?」

「えっと、おいらは誰だっけ?」@青山円形劇場
作:マイケル・クーニー  演出:綾田俊樹
出演:岡田達也、小林隆、綾田俊樹、他
1月24日〜2月4日まで

1月24日(水)の初日に観に行っています。

ロンドン東部の街が舞台。
エリック(岡田達也)は失業したことを妻に言えないまま、間借り人のノーマン(小林
隆)の名前をかりて社会保障省から失業手当をだまし取っていた。
ある日、社会保障省から本人確認の為に役人のジェンキンズ(斎藤歩)がやってきて
慌てるエリック。
その場をとりつくろうため、嘘に嘘を重ねて身動きがとれなくなってしまうエリックです
がいったい最後はどうなってしまうのか?というお話。

嘘の上塗りをしている、そのあわてぶりを観客は楽しむという趣向です。
こういう物語は見ている途中で「何でそんな苦しい思いまでして嘘をつくのか。いい加
減本当のこと言った方が楽になるのに」と思ったら最後、しらけてみていられなくなる
ものですが今回の公演は良くできていると思いました。

この手の話は、どのあたりで話にけりをつけるか、最後をどうまとめるかで、後味の
善し悪しが決まると思うのですが、それもいいところでエリックがねをあげて、降参!
という感じになったので、すっきりして良かったと思いました。

それでも私の感想は前半おもしろく見ていたのですが、途中休憩時間が入ったため
なんだか気持がとぎれてしまい、後半はこの話どこでおしまいにするつもりかな・・・
などと醒めた気持で見てしまいました。
舞台転換など、演出の都合があったとは思えなかったのでこれは休憩など入れない
で一気に見せてもらいたかったと感じました。

エリック役の岡田達也さん、一見さわやかな青年風なのに実は嘘つきのちゃっかり屋
というのがぴったりはまった感じでした。
演出の綾田さんの、エリックのおじさん役で登場。ひょうひょうとしたちょっと変わり者で味があります。
この方は登場しただけでもう雰囲気があるのがすごいです。

特によかったと思ったのはジェンキンズ役の斎藤歩さん。
この方を舞台で観たのは久し振りでした。
大きな体を小さくするように職場の上司におびえ、エリックに振り回されててんてこ舞
いの役人役を大熱演してくれました。


posted by みどり at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする