2006年08月06日

映画「ゲド戦記」

映画「ゲド戦記」


映画「ゲド戦記」@MOVIX(ムービックス)亀有
  原作:アーシュラ・K.ル=グウィン
  原案:宮崎駿  監督:宮崎吾朗


関東圏は暑いです。
午前中庭の草刈りをしたら、1時間ちょっとでへとへとになりました。

8月2日(水) うわさの「ゲド戦記」を観てきました。
原作を知らないのですが、ル=グウィンはSF作家としても有名な人らしいです。
全5巻+別巻1の計6巻の長編ファンタジーです。

ジブリから作品をアニメ化したいと、作家に申し入れたら最初は断られたそうですが
「千と千尋の神隠し」でアカデミー賞を取ったら、気が変わったらしく作家の方から
アニメ化してくれと申し入れがあったそうです。

観るまで知らなかったのですが、今回アニメ化されたのは
原作のシリーズの1巻目ではなくて、第3巻目の物語をメインしてあるのだそうです。


少年アレンは国を一人で飛び出したところを、謎の魔法使いハイタカ(本当の名は
ゲド)と出会います。
アレンの心の中には「影」があり、彼はこれにおびえている様子。
二人はハイタカの知り合い、テナーもとに一時身を寄せます。そこには少女テルー
もいて自暴自棄のアレンをひどく嫌います。
クモと呼ばれるもう一人の魔法使い。
やがてクモと、ハイタカ、アレンたちは対決することになります。


絵はきれいだし、見せ方の迫力はあるし、さすがジブリ!と思わせます。
ハイタカの声は渋みのある菅原文太で、これが実にぴったり。
しかし・・・みていてちょっと退屈なのです。
見終わると、壮大雄大な物語を見たな、とおもうのですが。

アレンは実はある国の王子で、父王を剣で刺して国を飛び出しています。
このアレンがアニメでは主人公となっています。
でもいきなり冒頭で父を刺した場面を見せられて、これが主人公ですといわれても
気持ちが乗れないよ、と感じました。
このあたりの展開は原作と違っているようです。


途中から出てくる、もう一人の魔法使いクモ。
彼とゲドはかつて、一悶着あったらしいことがわかりますが、そっちの方が見たかった
なと思いました。
このあたりの詳しいことは1巻目、2巻目で描かれているのでしょう。

そして気になるのはこのクモの声が田中祐子だと言うこと。
はじめ女性かと思ったら、自分のことを「俺」と言っているしよく見れば胸はぺったんこ。
ジブリ作品では女性キャラクターの胸は少女でさえかなり豊満(#^_^#)なので、クモは
男性とやっとわかりました。
わかってからなおさら田中祐子の声は、見ている間中違和感を感じました。

TVでもながれている歌「テルーの唄」あれはいいですね。
ぼそぼそっと歌っているようだけど、妙に癒される感じで。
少女テナーの声も担当した、手嶌葵さんが歌っているそうです。



posted by みどり at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする