2006年06月11日

梅原龍三郎展

梅原龍三郎展


梅原龍三郎展@東京 日本橋・三越本店 新館7階ギャラリー
 5月16日〜5月28日まで

5月17日(水)仕事帰りに観に行っています。
大胆な色遣いと筆遣いの、梅原龍三郎(1888-1986)。
個人的な好みから言いますと私は、繊細にかかれた絵が好きなので梅原龍三郎
の絵は昔から大の苦手なのです。
でも実物を目の当たりに見られる機会があるなら、観に行くことは苦ではありません。

鏡に映った自分の鏡像の上に、そのまま油絵の具をのせて描いてしまった自画像
がありましたが、なんて大胆。
その気持ち何となくわかります。この方法なら下書きがいりませんから。
巨匠・梅原龍三郎は遊び心たっぷりの人だったのですね。
思わず笑いそうになりました。

絵を見るとかなり素早い筆運びだったようですが、きっと見たこと、描きたいと思った
ものを一刻も早く絵の上に表現したかったのでしょうね。

今回の展覧会を見て、梅原龍三郎の絵が好きになったわけではありませんが
以前よりは親しみを持って、見られるようになった気がします。


posted by みどり at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐組公演「紙芝居の絵の町で」


唐組公演「紙芝居の絵の町で」



唐組公演「紙芝居の絵の町で」 @ 東京 新宿・花園神社境内 紅テント
  作・演出・出演:唐十郎  出演:稲荷卓央、辻孝彦、藤井由紀、他
  この後、6月11日(日)、17日(土)、18日(日)の三日間花園神社での公演あり。

5月13日(土)に観に行っています。
雨の降る土曜の夜6時半。繁華街のど真ん中、花園神社の境内は紅テントの開場を
待つ人でいっぱいになっていました。

こんな風なお話でした。
使い捨てコンタクトレンズのセールスマン・牧村(稲荷卓央)が古書店で手に入れた
「紙芝居集成」に載っていた気がかりな一枚の絵。
昔の紙芝居の絵だが、見開きページの片方がなくなっている。片方にはどんな絵が
描かれていたのか、作者は誰なのか、それを追い求める牧村。
かつて売れっ子の紙芝居作家だった老人・情夜涙子(じょうやるいこ)の元に通い
詰める牧村と、情夜の元にホカ弁を届けるホカ弁屋の女店員・染井るいこ。
商店街で往年の名作映画の絵看板を描いている(が、誰からも観てもらえていない)
群青(丸山厚人)と、その恋人名雲。
名雲は群青からもらった邪気払いのリング「夜の目」を持ったまま、群青がいなく
なっている間にどこかへ姿を消してしまう。
染井が店先でリング「夜の目」を拾ったことから、情夜と群青の物語がリンクして
いきます。


唐さんの書く話は、理論的な流れになっておらず発想の飛躍が多いので、この流れに
ついて行けない人にはさっぱりおもしろくない、ということになってしまいます。
私も、テント芝居という特殊な空間に惹かれてつい足を運びますが、話には
なかなかついて行けず、しょっちゅう置いてきぼりをくらってしまいます。
今回のお話は私にもとてもわかりやすいものでした。
と言うことはもしかすると、以前からの唐組ファンには物足りないものだったかも
しれないです。

映画「ガラスの使徒(つかい)」で観た、稲荷さんその人をテントの舞台の上で
観られるのはやはりいいです。

唐組の役者さんはどなたもインパクトが強いですが、今回辻さん演ずる情夜涙子は
とくに印象的。
男なのか女性なのか?という感じがこの物語にはあっていたと思います。
私は、はくものがなくて、スカートをはいていた男性だと思ったのです
が・・・?。

現実世界の話から、紙芝居のキャラクターたちが登場してくる話になり、夢と現実の
区別がまったく、なくなってくるのですが不思議と違和がなく楽しめました。
posted by みどり at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

「MYTH」

「MYTH(ミス)」



「MYTH(ミス)」@青山円形劇場
   作・演出:鈴木勝弘 出演:佐藤アツヒロ、篠井英介、影山泰、中山祐一朗
   5月11日〜5月28日まで


5月12日(金)に観ています。
会場内のお客さんの大半は、佐藤アツヒロさんのファンだと思いますが
私は篠井英介さん、影山泰さん見たさにチケットを取りました。

<あらすじ>
主を失ったアール・デコ様式の屋敷。
幼い頃父(篠井英介)に捨てられた息子・タロウ(佐藤アツヒロ)と、その幼なじみ・
ケンタロウ(中山祐一朗)が弁護士(影山泰)とともにやってくる。
母もなくなり、一人暮らしのフリーターをしていたタロウはお金を貯めると東南アジア
に行ってお金がなくなるまで滞在する、ということを繰り返していた。
父が息子に遺産として、屋敷を遺したからだったが父の記憶もろくにないタロウは
弁護士に屋敷を処分してほしいと依頼する。

弁護士とケンタロウが場を外したとき、タロウの前に幽霊になった父だ、と名乗る
男が現れる。
はじめは半信半疑だったが、タロウしか知り得ないことを知っているこの男を
自分の父と認めるタロウ。
父と話をするうちに弁護士の家庭の様子がかいま見え、いつもタロウにくっついてくる
ケンタロウの秘密も判明していきます。



完全円形の舞台で、周囲が全部客席。
舞台上には椅子があるだけのシンプルな舞台です。
アール・デコ様式の屋敷・・・という弁護士の説明があるからこちらも想像をたくましく
して屋敷を思い浮かべてみていました。
家の回りにツタと、ツル薔薇が絡まり庭には古風で小さな花のオールドローズが
咲き乱れる大きな屋敷。これが私の頭の中でできあがった屋敷のようすでした。

興味をそそる舞台と人物設定をしていますが、物語の展開はほとんどひねりがなく
わかりやすい反面、少々物足りないものになっていました。

佐藤アツヒロさんのタロウも、今時のごく普通の青年であまりこれといった印象が
残らないのがもったいない。
出演者4人の中で一番印象が薄い感じがしました。

篠井英介さんは、今回は男性の父親という今までとはかなり変わった役。
なぜならこの方、最近はTVや映画の出演も多くなっていますが舞台の方では
昔から女形専門の方だったからです。
最近の舞台ではジャン・ジュネ作「女中たち」で姉妹の女中の妹を演じていました。
舞台で男役をやるのはかなり珍しい。
なので、私などは黒の革ジャケットのしっかり「男性」姿の篠井さんが観られる
だけでもかなりうれしいのです。
篠井さんの演じる「父親」というめずらしい役。
いい役なのに脚本のせいなのか観ていてなんとなくもどかしい。
何かが起こるような感じがしつつ結局何も起こらない、変わらないのですから。

影山泰さんの弁護士。
まじめな人の良さそうな普通の弁護士で、可もなく不可もなくといった感じ。
影山さんなら、もっといい味が出せそうなものだと思い、これももったいない。

中山祐一朗さんのケンタロウ。
これはとてもよかったです。奥手そうで、気の弱そうなでも友人思いのお節介焼き。
そんな気のいい若者を演じていました。
普通の若者かと思ったら実は・・・・という役なので、出演者の中では一番おいしい
役割だったのではないでしょうか。
この方の地なのか、演技なのかよくわかりませんでしたがひょうひょうとした感じが
とてもよかったです。ぜひまた、・の舞台でこの方を観たいと思いました。

いい出演者がそろったわりに、肩すかしを食らったようなもったいないなーという
思いが残る舞台でした。
posted by みどり at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

映画「チチカット・フォーリーズ」

映画「チチカット・フォーリーズ」@東京 アテネ・フランセ文化センター
 監督:フレデリック・ワイズマン 1967年アメリカ 白黒映画


6月8日(木)に観に行っています。
フレデリック・ワイズマンはドキュメンタリー映画を数多く撮った監督だそうですが
私が観るのは今回が初めてです。
今回上映の映画は、彼の監督デビュー作だそうです。

アメリカ、マサチューセッツ州の精神に問題のある犯罪者を収容し、矯正するための
施設を紹介したドキュメンタリー。
収監者と看守たちの日常の様子を撮っています。
映像のぼかしも、ナレーションも一切なし。
プライバシー問題により、1992年まで公開が禁じられていたそうです。
公開禁止になった映画はいったいどんなものなのか、これは観て確かめたく
なるというものです。


最初に真っ正面から顔をとらえている収監者は、11歳の少女にいわゆるみだらな
行為をした男。
結婚もしてるのに他の女性、それも幼い少女に興味が行ってしまうらしい。
施設側の職員にいろいろと聞かれ、自分のことを告白するうちに判明するのは
彼はなんと自分の娘にまで、わいせつ行為をしていたのです。
彼自身、そんな自分を何とかしたいと思っているらしくこの施設にきてよかった
ということを言っている。

何も食べない収監者に、鼻からチューブを入れて水を強制的に取らそうとする
看守。看護士ではないのです。
たばこをくわえつつチューブに水を注いでる姿には驚きました。

収監者は独房にいるときは、なんと裸。なに一つ身につけていないし、ちらりと
うつる部屋の中にあるのはベッドではなくて床に直に敷いたマットレス。

自分は犯罪者だけどこの施設に来る必要はない、としつこく言い張る男。

何の誇張もなくとらえている映像は、淡々としているせいかかえって衝撃的です。

そしてこの映画の冒頭と、ラストはこの施設での収監者たちによる学芸会
みたいなパーティの様子(コーラス)が撮られています。
しかしこの映画で問題になったのは、単に収監者と施設側の人間を克明に
とらえたことだけでなく、このパーティシーンの入れ方も問われたのでは
ないかと思いました。
冒頭は、収監者たちが舞台上で歌っている歌詞は「これから始まることを
楽しんでください・・・」という意味のことを言ってますし、ラストの歌詞は
「楽しんでいただけましたか」と歌っている。

今まで観てきたドキュメンタリーがまるでショーであるかのような枠組み
を作ってしまったワイズマン。これでは上映禁止になったのも無理ないだろうと
感じました。
posted by みどり at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最澄と天台の国宝

最近なかなか書く時間がとれなくて心苦しいです。
本当は観てきた順番に書きたいのですが、書きたいこともたまってるし、印象的だった
ことは早く書きたいと言うこともあるので、最近は新旧取り混ぜて書いています。
一ヶ月前ですが、これを観に行っています・・・。

最澄と天台の国宝 @ 東京国立博物館
 3月28日〜5月7日まで

5月7日の最終日に観に行っています。
チラシの解説を要約してご紹介します。
天台宗の宗祖は最澄(さいちょう)。
比叡山延暦寺、この地で天台宗が始まったそうです。
比叡山に学んだ僧から、法然(浄土宗)、栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)、親鸞
(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)ら開祖が誕生しているそうで、つまり天台宗は日本仏教
の母なる存在として大きな役割を果たしてきたのだそうです。

今回の展示は国宝31件、重要文化財100件という大規模なものでしたので、
やはりこれは観ておかなければもったいない!と、行ってきました。

特に印象的だったのは次の2点です。

聖観音菩薩立像
まっすぐ立っているのではなくて、上半身がやや右に傾いて、体が軽くS字に
しなっています。左足が少し前に出ている。
左腕をやや上げて手は「未敷蓮華(みぶれんげ)」といわれる形をとっています。
とてもリラックスしたようなお姿で、観てるこちらもやさしい気持ちになれる観音菩薩様でした。

もう一つはお経を書いた巻物です。
「法華経 開結共 第一巻」
金箔を散らしてきれいな文字で書かれていたお経の巻物。
展示品は巻物の軸がなくなっていましたが、蝶と鳥を配した螺鈿(らでん)が施されて
いたそうです。
螺鈿は輝く貝殻を使っているものですから、昔々はお経を読みながら巻物を広げる
につれて巻物の軸がくるくる回って、螺鈿もキラキラと輝いていたことでしょう。
お経を読んでいるお坊さんも気分がいいだろうし、そばで聴いていた人たちも
ミラーボールが回るようなキラキラの風景に、さぞかしあいがたや・・・と、思った
のではないのでしょうか。
視覚、聴覚にうったえてくるお経の巻物。いいなあと思いました。

posted by みどり at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

放送大学、通信指導やっと仕上がり。


6月9日締め切りの放送大学の通信指導がやっと書き終わりました。
記述式の問題の答えがなかなか書けない。
土日があるから楽勝と思ったのに、家で筆記用具を握ると条件反射のように
すぐ眠くなってしまうのです。日頃の睡眠不足もたたってすぐ眠れる。
月曜日、仕方なく職場からの帰宅途中の電車の中。座るためにいったん家とは
反対方向の電車に乗ってからUターンするのが私の帰り方。
この電車の中で、時間もないからやってみるか・・・と、書き出したらこれが不思議と
書けるのです。電車の振動のリズムは私の体と合ってるのか?
家に帰ってから清書。
火曜日には投函するから、締め切りには無事間に合わすことができました(^_^)v
posted by みどり at 06:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

武満徹の宇宙 オーケストラ・コンサート

武満徹の宇宙 オーケストラ・コンサート


武満徹の宇宙  オーケストラ・コンサート@東京オペラシティコンサートホール
 曲目:武満徹作曲 「カシオペア」 「アステリズム」 「ジェモー」 
 指揮:若杉弘、高橋健  東京フィルハーモニー交響楽団

5月28日(日)に聴きに行っています。C席3階L1列(5000円)
この日は出演予定だった、指揮の岩城宏之が体調不良でお休み。
代わりに高橋健さんが「アステリズム」「ジェモー」の指揮を務めることになりました。

武満徹の名前は知っていても、作曲した曲をほとんど知らないのでこれからあれこれ
聴いていこう、もっといろいろ知り尽くしていこうと思ってる今日この頃。
しかも今年は武満徹没後10年ということで、彼の曲があちこちのコンサートで
演奏されるといううれしい状況になっています。

この日は、指揮者の岩城宏之さんこられないとのこと。
この方の指揮での生演奏を聴いたことがなかったので、かなり残念でした。

「カシオペア」(1971) 独奏打楽器とオーケストラのための

夜空でM字を描いて輝く星座カシオベア。
ソリストを囲んで4つの小さな独奏楽器群が両側と後ろの左右におかれ、M字の
形になるのでこのタイトルがあるらしいです。
パーカッションは加藤訓子さん。冒頭客席からカスタネットをならしての登場。
ゆっくりとした動きですがその姿はまるでフラメンコの踊り子のよう。
ステージに上がってからは女性とは思えない、迫力ある演奏でした。

「アステリズム」(1968) ピアノとオーケストラのための
タイトルには星群、星状光彩、三星記号の意味があるそうです。
ピアノ演奏は高橋悠治さん。
音楽については、ないもわからない私にはまともな感想もいえないのですが音の洪水、
そしてラストになると爆音といいたくなるような音楽です。
タイトルの意味を聞くと、宇宙空間で星が生まれ成長しやがて最後に爆発して
超新星になる、そんな星の一生を音楽で見せられたようでした。

「ジェモー」(1971−1986) オーボエ、トロンボーン、2人の指揮者のための
ステージ上に2人の指揮者と、2群のオーケストラが配置されるという不思議な
コンサート。
残念ながら私の席からは、客席から見てステージ左側が完全に死角になって
しまいました。
「ジェモー」は双子座の意味だそうです。

この日の演奏はNHK FMで7月2日と9日のよる6時からの「現代の音楽」
という番組で放送される予定だそうです。

公演終了後は、チケットの半券があるとアートギャラリーで開かれてる
「武満徹 Visions in Time 展」が半額で観られると言うことでしたので
もちろん行ってみました。

こちらは武満が愛用したピアノや、直筆楽譜の展示、武満が関心を持ったこと
武満に影響を与えた芸術家、武満と一緒に活動した芸術家の作品展示、制作に
関わった短編映画の上映など、多角的に武満徹を眺めようとする展覧会でした。
「鳥は星形の庭に降りる」の鳥が五角形の図形に舞い降りるイラストを以前
どこかで観たことがあるのですが、これが武満自身が描いたものとは今回
初めて知りました。とても味わいのある絵です。

「管弦楽のためのコロナ」の図形楽譜は、ただのイラストにしか見えません
演奏者は図形の色や形をみて即興的に、演奏しなければならないのだそうで
そんな楽譜では演奏のたびに聞ける音楽は、毎回違ってくるのでしょう。

お料理もご自分でよくされたらしいです。
直筆イラスト付きのレシピ「貧しい菜(まずしいな)」は見ていて楽しいです。
白菜を短冊に切って、間に唐辛子を切ったものを挟んで密閉できる容器に入れる。
醤油、酢、など味付けした調味液を熱くして白菜にかけ、容器のふたをして5分ほど
待つ。入れた調味液を再度熱して白菜にかけてふたをして待つ。さらに繰り返す。
しなっとしたら食す。
武満さんが新婚の貧しかった頃、よく作ったものだとか。

音楽も現代音楽だけでなく、映画音楽、雅楽も作曲。絵画にも関心をもち
はば広い関心と好奇心を持って、いろんな枠をものともしないで軽々と飛び越して
活動していた武満さんには、私も興味が尽きません。

武満さんの音楽やさまざまな資料を集大成せいた、武満徹全集が発売
されていますが全部いっぺんにほしいくらいです、
しかしこれ全部だと約14万円かかる大物なので、いったいどうしようか・・・
迷っています。
posted by みどり at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・コンサート・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ通信指導提出期限

今年も4月から、放送大学の選科履修生になっています。
1年間在籍して好きな科目を履修することができます。
頭の体操のつもりで勉強してるのですが、やり始めるとやはりとても面倒です。
そうはいっても、私の勉強時間は通勤の行き帰りの電車の中だけです。


4月から履修することにしたのは「中世日本の物語と絵画」「多変数の微積分」です。
6月9日が通信指導の提出期限の締め切りですが、まだなんにもやってません(^_^;

もともと理数系は好きなのですが「多変数の微積分」は歯ごたえありすぎです。
微積分の基礎から以前のテキストを読み直したのですが、さらに線型代数の基礎も
少し復習しないととても取り組めないとわかりました。
4月からは復習に時間がかかりすぎて、最近ようやくテキストの第1課を読み出した
ところです。この分では7月の単位認定試験には間に合いそうもないかも・・・。

通信指導は選択式の問題なので、答えは番号を選ぶだけ。どうしようもなくなったら
適当に選んで番号書いても何とかなるでしょう。
ただしここで零点だと、7月の試験は受験できなくなります。
(恥ずかしながら以前、某科目で零点取って、受験できなかったこと経験済みです)

「中世日本の物語と絵画」はこんな記述式問題が出てきます。
問1
絵巻における物語表現の工夫(たとえば時間空間の表現)について具体的に論じ
なさい。なお解答字数は500字以上600字以内が望ましい。

問2
祖師伝絵巻を一作品とりあげて、その絵巻の祖師伝としての特徴を記述しなさい。
なお、解答字数は350字以上400字以内が望ましい。

今度の土日に取り組むつもりです。
そうそう、日本の絵巻でもっとも有名なのは次の四つなのだそうです。

「徳川・五島本源氏物語絵巻」「鳥獣人物戯画 甲巻」
「信貴山(しきさん)縁起絵巻」「伴大納言(ばんだいなごん)絵巻」
posted by みどり at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イッセー尾形のとまらないで25年!in 東京

イッセー尾形のとまらないで25年!in 東京@原宿クエストホール

5月5月(金)に観ています。
いつも舞台でたった一人の公演を続けているイッセー尾形さんの公演です。
舞台に立つのは一人ですが、作・演出は森田雄三さんが手伝っています。

この日の公演は、観劇メモをとりそびれたので詳しくはご紹介できませんが、こんな
ふうでした。
赤ちゃんが生まれそうなので呼ばれたけど、なんだか生まれそうもなくて手持ちぶさた
の産婆さん。
ヒマをもてあまして一句。「あじさいの 花を数えて 目が回る」には笑いました。

広島から京都にきた修学旅行の高校生・・・イッセーさんが高校生なのです。
でもこれがちゃんとその辺によくいる、だらしないカッコでちょっとしたことでさわぐ
あの男子高校生にちゃんと見えてくるから不思議です。

クエストホールでの公演は、公演前にロビーで無料でコーヒーやお菓子のサービスが
あってとてもうれしいです。
私は気が弱いのでお菓子やサンドイッチは遠慮しつつ、少しとるのですがみなさん
わりと遠慮してないですね(^_^;

この日は長野土産でよくみかける「笹だんご」があって、早速いただきました。
中に小豆あんが入った草団子を笹の葉でくるんだものです。
こんな楽しいお菓子が出ていたのは「こどもの日」だったからでしょうか?
スタッフの皆さん、ごちそうさまでした。
posted by みどり at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルサイユのばら「オスカル編」

「ベルサイユのばら オスカル編」
「ベルサイユのばら オスカル編」@東京宝塚劇場
  原作:池田理代子 出演:朝海ひかる(オスカル)、安蘭けい(アンドレ)、他
  脚本・演出:植田紳爾 演出:谷正純

5月4日(木)に観に行ってます。
18世紀、フランス革命にいたるまでの混迷の時代を舞台にした物語。
タイトル通り男装の麗人オスカルそして、彼女と幼い頃から一緒に育ったアンドレ
との恋愛物語が中心です。

以前TVでの舞台中継を観たことがありますが、実際の舞台を観たのは今回が
初めてです。
「フェルゼンとマリー・アントワネット編」と違って「オスカル編」は「ベルサイユのばら」
の物語を知っていることを前提として作られているので、物語の時代背景や
人物の説明がかなり省かれています。改めてびっくりしました。
なにしろ、フランス革命が話の軸になるのにマリー・アントワネットもフランス国王も
登場しないのですから。

もしも有名な「ベルサイユのばら」だから観てみようか、と初めて観たのがこちらの
バージョンからだったらきっと「話がわからない、つまんない」ということになるだろう
と思いました。
とはいえ、熱心なファンの多い宝塚歌劇公演。私のような客はかなり珍しい方
だろうと思います。

朝海ひかるさんのオスカル、安蘭けいさんのアンドレなんとなく違和感を感じて
しまいました。ファンの方にはごめんなさい、たぶん私の個人的な好みの問題です。
舞風りらさんのロザリーはかわいらしかったです。
「オスカル編」はフランス革命の話も、おまけでつけてるようで作品としては
少し物足りなさを感じました。
やや詰め込みで駆け足の感じのする「フェルゼンとマリー・アントワネット編」でしたが
こちらの方が1本のミュージカルとして完成しているようで楽しめました。

宝塚歌劇の会員になってる私ですが、今回のチケットは会員先行の抽選予約で外れ、
「ぴあ」の先行抽選でなんとか引っかかってとることができました。
宝塚は会員になっていても、人気公演だとなかなかとれません・・・。
posted by みどり at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。