2005年03月06日

劇団四季・東京「オペラ座の怪人」一回目

劇団四季・東京「オペラ座の怪人」一回目@東京・四季劇場「海」
  〜8月31日分までチケット発売中  
  (12月18日まで公演予定あり 四季会員4月24日、一般5月7日発売予定)

図書館で予約した「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上・下」が入ったと連絡が
来ました。約半年待ちました。
さっそく受け取りに行きましたが2冊で貸出期限は2週間。
この忙しいのに一冊600ページもある本二冊を2週間で読めとは・・・・(T.T)
私の前に借りてた人、上下そろえて返却しないで上巻読み終わったらすぐ返して
くれたらこんな事にならなかったのに。
図書館の人も、2,3日遅れてもいいですから、なんて言ってくれました。
今読んでた山本史郎訳のトールキン作「ホビット」は後回しにすることにして
頑張って読むことにします。

本題です。
3月3日(木)一番安い2階最後列のC席で観てきました。
この日の配役はファントム・高井治、クリスリーヌ・沼尾みゆき、ラウル・石丸幹二。
このミュージカルも大好きで過去何度か観てますが、久しぶりの東京での再演。
ロングラン公演になりそうなのでこれも複数回観るつもりでいます。

今回はこのミュージカル版を元にして作った映画版を観た後での鑑賞となり
見比べてどう思うか、自分でも気になるところでした。

やはり舞台版の前半を観てると、お金を使い物量で迫る映画版にはかなわないと
感じました。
豪華なシャンデリアや大勢の人の行き交うオペラ座の様子は映画版の方が迫力あります。
映画版を観た後ではなんだか安っぽく見えてしまいました。
舞台版を観てこんな風に感じたのは初めてです。
舞台美術は舞台版もとても豪華に作られているし、使用してるシャンデリアだって
けして安物ではないのですが・・・。
それだけ映画版の印象が強かったと言うことでしょうか。

しかし後半は違いました。舞台版の方が断然いいです。
ファントムの描き方が全然違うと感じました。
舞台版は彼の心の動きがちゃんと描かれている。彼だけでなく、クリスティーンや
ラウルもしかり。
改めて映画版のファントムの描き方がおおざっぱなことに気がつきました。

(以下、特に舞台版のネタバレとなりますのでご注意ください)

舞台版で私が感じたことを書きますが・・・。
ラスト方でファントムはクリスティーヌをさらいオペラ座の地下へ連れてきます。
花嫁にするために彼女の頭に白いベールをかぶせてブーケを持たせます。
花嫁にするならわざわざこんな手間取ることしなくてもいいはずですが(#^_^#)
そこは古典、家族みんなで観るミュージカル版、かなり遠回し間接的な表現が
かえって優雅です。

そこへラウルがクリスティーヌを救い出すため単身、ファントムのすみかにやってきます。
この時ファントムは腕をゆっくり上下させ、誰かに合図を送り部屋の向こうの格子を
開けて彼を部屋の中へ入れます。
この時のファントムの仕草がとてもエレガントです。映画版では観られないシーン
だったかと思いました。

たちまちラウルはファントムに捕まり、首に縄を掛けられます。
ファントムはクリスティーヌに自分を選ぶかラウルを選ぶかを迫ります。
ラウルを助けようとするなら、彼女はファントムの花嫁にならねばならない。
ラウルを選べばもはや自分の命もない。
困窮した彼女は、ついに背を向けるファントムの前にひざまづき「昔は心捧げた」と
静かにうたいます。
それまでファントムをおそれるだけだった彼女の心の変化をはっきりあらわすシーン
です。どちらも選べないから許してくださいとファントムに慈悲を願い出ているの
ですから。
私はもうここで涙腺がゆるんでしまいました。

ファントムが、それじゃあ二人とも助けようと言うはずありません。
が、ここで彼にも変化が起きます。
クリスティーヌがファントムのもってるはずの、わずかの優しさに訴えかけたのを
自分でも感じたのでしょう。
大声を出すわけでもなく「許さない、選べ」とだけ言います。
ファントムは怪物ではなく優しい心があることをクリスティーヌが認め、
彼自身もそれを感じたシーン。

そして小さい子がだだをこねるように、つらい過去のために今はほしい物を手に
入れたいだけであることがわかるシーンです。
それをクリスティーヌははっきり感じたのでしょう。
だからこそ彼女はその時、彼に与えられる自分自身の代わりに、口づけをします。

自分の心の中を見透かされ、彼女の優しさを知ったファントムはもはや自分自身を
恥じている。
彼は心底彼女を愛していてそこにいてほしいが、同時に恥ずかしい自分を見た
彼女にはいてほしくもない。
だからファントムの手中にあった二人を解放し、「早く行ってくれ」と叫ぶファントム。

舞台の向こうから二人の幸せそうな声を聞きつつファントムはクリスティーヌが
かぶるはずだったベールを彼女の名を静かに呼びつつ抱きしめます。
そしてなにか気持ちの中で吹っ切れ、決心したのでしょうベールをパッと捨てる
と、舞台上の椅子に座ると同時に舞台から姿を消します。
この時の消え方も最後のファントムの一挙一動も、優雅できれいです。

観客は幸せに暮らしてゆくであろうクリスティーヌとラウルに感動するのではなく
潔く自分の望みを捨てたファントムに同情し感動するのだ、と感じました。

高井・ファントムはじめてみましたが深みのあるよく通る声が素晴らしかったです。
ほんの一瞬声が裏返ったか?とひやっとした瞬間がありましたが(^_^;


posted by みどり at 17:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ「ハウルの動く城」

アニメ「ハウルの動く城」@日比谷・スカラ座
 監督:宮崎駿  音楽:久石譲  声:倍賞千恵子(ソフィー)、木村拓哉(ハウル)、
 美輪明宏(荒れ地の魔女)、 他
 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「魔法使いハウルと火の悪魔」

自宅パソコンに新しいソフトをインストールしたらとたんにフリーズ大頻発。
そのソフトは削除したのですがそれでも調子が良くなくて、2,3日前からは使用中
いきなりWindowsが終了してしまうようになりあわてて最近のデータをバックアップ。
昨年12月に作って置いた保険(HDDバックアップCD)をつかって大手術を行いました。
ちょっと時間はかかりましたが、これでなんとかなりそうです。

3月2日(水)観てきました。
この頃仕事が忙しくて、一日24時間なのにうっかりすると職場に12時間以上居るように
なってしまいました。なので、この日は早めにあがれたのですかさず観てきました。

宮崎アニメは基本的に好きです。
私が好きなのは「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」ですが、「風の谷のナウシカ」
「天空の城ラピュタ」はあまり好きな作品ではありません。
とりあえず期待の「ハウルの動く城」ですが、原作が外国の小説と言うのが気になってました。

結果、どうも私にとってはイマイチの作品でした。好きな方ごめんなさい。

<物語>
戦争が起こっているらしい国。街はまだ戦場にはなっていない。
荒れ地には美女の心臓をとって食らうという魔法使いハウルの動く城まであらわれた。
ソフィーは帽子屋で働く、まじめだがあか抜けない18歳の少女。
彼女はある日、街で何者かにおわれてるらしい美貌の青年と出会う。
すぐ姿を消す青年。
ソフィーは店にやってきた「荒れ地の魔女」と名乗る魔女にたてついたお返しに
魔法をかけられ90歳のおばあちゃんの姿に変えられてしまう。
この家にいられないと悟り荷物をまとめるソフィー。荒れ地に向かいハウルの城に入り
込みまんまと家政婦として居座ることになる。
ハウルは魔法使いとして強大な力を持ちながら追いかけてくる「荒れ地の魔女」を
おそれ、国王からの招請も拒み逃げ回っていたのだった。
ソフィーは元の姿に戻れるのか、そしてハウルはこれからどうして行くのか・・・?


観ていて一番気になったのはハウルという人物像がイマイチよくわからないことでした。
初めてソフィーの前に現れたハウルはかっこいい。
髪の色を染め損ねたと言って泣いてるハウルはかっこ悪い。
なにやら戦いに出かけてゆくハウルはりりしい。
王様に前に行きたくないといってソフィーに母親になりすまして行って来てくれと頼む
ハウルは情けない。
なんだか場面場面で全然違う人物に見えてしまうのでした。

もう一つ気になるのは、この国と隣の国が何で戦争してるの?ということ。
最初に説明はあったもののそんなことすぐ忘れて戦争してると言うことさえ気が
付きませんでした。

世間ではキムタクの声は何だか気になるという意見は多いようですが、これは私は
全く気になりませんでした。倍賞千恵子の声もしかり。
このお話しはハウルとソフィーの恋愛物語と言えるようです。
ジブリ作品が初めて手がけた大人の恋愛。これは世界市場を意識したのかな・・・
などと思ってしまいました。

絵はさすがスタジオジブリ作品だけあってきれいです。
「動き」もじつに躍動感あります。
冒頭のハウルとソフィーが空中を歩く場面は、観てるこちらまでフワフワと浮遊感を
感じました。これはすごかったです。

ハウルの弟子の少年マルクルが夢中で食べるベーコンエッグのおいしそうなことと
いったら・・・・さっそくうちに帰ってから作って食べました(^_^;

posted by みどり at 04:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。