2017年08月20日

「黒部ルート見学会」参加してきました!その8・オマケの旅・猿飛峡へ


7月31日(月)
黒部ダムを出発した黒部ルート見学会は、欅平で終点、解散。
午後2時ちょっと過ぎた頃でした。

ちなみに欅平は黒部峡谷鉄道の終点です。

DSC02306.JPG


黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)の公式サイト。


すぐに帰るのはもったいないので、以前にも行ったことのある
景色の良い猿飛峡(さるとびきょう)へ行ってみることにしました。

欅平駅から歩いて30分くらいだったか。
道は狭いけれど舗装されているので、歩きやすいです。


言葉の説明よりも写真の方がわかりやすいですね。
ご覧ください。
ぶれてる写真もありますが、お許しを。


DSC02308.JPG


DSC02310.JPG


DSC02312.JPG


歩いてきたところを振り返ってみてます。
小さな窓のあるトンネルのようなところも、通ります。
DSC02313.JPG


DSC02314.JPG


DSC02319.JPG



猿飛峡。
数年前なら姿を見なかった、外国人の観光客もいました。


DSC02317.JPG


DSC02323.JPG


DSC02328.JPG




さて戻りましょうか。


15時半頃、欅平駅に戻ってくる人影もまばらになっていました。


DSC02343.JPG



予約したトロッコ電車まで、時間があるので周辺を少し歩いてみることにしました。

猿飛峡へ行くのとは反対へ。
赤い奥鐘橋をわたってみる。

DSC02345.JPG


DSC02346.JPG


DSC02348.JPG




DSC02350.JPG


DSC02351.JPG


帰りのトロッコ電車の切符です。

DSC02356.JPG


トロッコ電車は、車両が3種類あってそれぞれ料金が違います。
予約したのは、窓の無い普通車両。
景色を楽しむならこれが一番だと、思うのですよ。
吹きさらしで天気が悪いと寒いですけどね。

DSC02363.JPG


DSC02368.JPG


DSC02383.JPG



まるでお城みたいな新柳河原発電所。

DSC02390.JPG




DSC02395.JPG



宇奈月駅到着。
DSC02403.JPG


乗っていたのはこんな車両です。

DSC02402.JPG


宇奈月駅。

DSC02405.JPG


ここから歩いて、富山地方鉄道の宇奈月温泉駅へ。

駅前の噴水はなんと熱い温泉です。

DSC02406.JPG


DSC02411.JPG


DSC02412.JPG


新黒部駅下車。
DSC02416.JPG



駅を出ると目の前が北陸新幹線の、黒部宇奈月温泉駅。
DSC02418.JPG



事前に調べていたのですが、この駅の周辺には飲食店はほとんど無いです!
幸い、駅にコンビニがあるのでお弁当を買うことができました。
大好きなます寿司!
北陸新幹線に乗って、帰路につきました。

DSC02422.JPG


DSC02423.JPG



この日は、千葉県松戸の自宅では無く、横浜へ向かいました。
関内近くのビジネスホテルに宿泊し、翌日は神奈川芸術劇場で
劇団四季の「オペラ座の怪人」を見て帰ったのでした。


忙しいけど、めいっぱい楽しんだ充実の二日間でした。


posted by みどり at 22:21| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒部ルート見学会」参加してきました!その7・欅平へ




黒部ルート見学会、高熱隧道を通過して最後は、欅平へ向かいます。
上部専用鉄道は、仙人谷ダムと水路トンネルを建設するために
作られた輸送ルート。
上部専用鉄道を利用して、出てきたところは欅平の約200メートル
上部に位置してます。

とても良い景色。
天気も良くて良かったです。

DSC02278.JPG


なのでこれから堅坑エレベーターで下に向かいます。

DSC02271.JPG


DSC02272.JPG



DSC02274.JPG


DSC02288.JPG


DSC02289.JPG


DSC02291.JPG


エレベーターはすぐに下につきます。
下に着いたら、今度は一般の人も利用する黒部峡谷鉄道の欅平駅へ向かいます。

DSC02293.JPG


DSC02294.JPG


DSC02295.JPG


トロッコ電車に乗車。
DSC02296.JPG


DSC02298.JPG


トンネルを抜け、何度か来たことのある、見覚えのある景色が見えてきました。

DSC02301.JPG


黒部峡谷鉄道の欅平駅に到着しました!

DSC02302.JPG


駅を出たところで、帰りのトロッコ電車の切符を窓口で受け取り。
黒部ルート見学会は、これにて終了。
解散となりました。

とても興味深いルートを体験させていただいて、うれしかったです。

この後は、すぐ帰るのはあまりにももったいないので、
少し歩いて猿飛峡まで行ってみました。

そのことは、また後ほどに。

posted by みどり at 19:55| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

「黒部ルート見学会」参加してきました!その6・高熱隧道通過



7月31日(月)の黒部ルート見学会の続きです。




昼食後は、高熱地帯を通過します。
仙人谷ダムと、水路トンネルを建設するための作られた輸送ルート
だそうです。


ダム建設時は、灼熱の高温地帯で大変な難工事だったそうです。
そのため賃金も通常の7倍で募集をしたそうです。
高熱のため後から水をかけたりして工事を進め、それでも2時間
働くのが限界だったとか。
この工事をモデルに「高熱隧道」という小説も書かれてるそうです。

高温地帯を通過するための車両は、蓄電式バッテリー駆動車と
耐熱式客車を使用してるそうです。
ここの鉄道の名称は、上部専用鉄道。

DSC02247.JPG


DSC02248.JPG


DSC02254.JPG



見た目もがっちりしてますね。



DSC02255.JPG


中はとてもせまい。

DSC02257.JPG


黒部川第四発電所から欅平へ向かいます。
乗ってる時間は20分くらいだったかな。
途中開けてくれたドアからの空気はぬるま湯のように、暖かかったです。

下の写真はトンネルをでた景色です。
仙人谷タムです。

DSC02260.JPG


DSC02261.JPG


DSC02258.JPG


DSC02263.JPG


DSC02265.JPG


DSC02267.JPG


DSC02268.JPG


DSC02276.JPG



ここは、通常の黒部峡谷鉄道の欅平駅より上部に位置してます。

DSC02270.JPG

続きはまた後ほど。




posted by みどり at 09:07| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミックマーケット92(2017年夏)

KIMG4706.jpg



コミケこと、コミックマーケットに行ってきました。
8月11日(金)から三日間の開催ですが、私は初日のみ。

コミケというと、私は遙か昔に一回行ったことがあるきり。
同人誌の即売会で、コスプレしてる人も多数。
正直いって、もう二度と行くまい、と思ったのでした。

今回、気を変えたのは同人誌だけで無く、ハンドメイドのグッズ販売
ブースもあると知ったからです。
もっと詳しく言うと、アクセサリー作家の扇寿(せんじゅ)さんの
作品がでると知ったからです。

早朝から並ぶ人多数だそうなので、いったいいつ行ったらいいのか。
10時開場。
並んでいる人から順番に入るから、入れるまでに時間かかる、とも
きいたし。
かといって、あまり遅くなるとお目当てのグッズが無くなってしまう。


どうしたものかと、迷いつつ結局、会場の東京ビックサイトの最寄り駅
国際展示場駅に到着したのは11時ちょっと前。
駅をでたらもうそこから、ビックサイトに向かう列ができてました。

KIMG4701.jpg


でも止まることなく、のろのろ歩くこと約30分で入場することが
できました。

KIMG4703.jpg


KIMG4704.jpg


KIMG4705.jpg




扇寿さんの作品が置かれているブースに着くと、もうほとんど
売れて無くなっていたのですが、それでも事前に告知されていた
作品のなかで一番ほしいと思っていたジンジャーハニーレモン色の
鬼灯簪をゲットすることができました!
行って良かった!

KIMG4715.JPG


お目当ての物が買えたので、後は周囲のブースを見て、やはり他の
方の簪を2本購入。
あとは、あまりの人の多さにさっさと帰ることにしました。
それにしてもこの日は、天気が悪かったので暑さにやられることも無く助かりました。



12時には、東京ビックサイトをでていたので早いです。


今回のコミケでは、叶姉妹のグッズ販売が話題で多くの方が並んだようです。
私は、もちろん行きませんよ(^_^;
それにしても驚くのは、その日のうちに、その叶姉妹のグッズがヤフーオークションに
出ていたこと。
転売目的で購入する方も大勢いるようですね。
posted by みどり at 00:53| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

高泉淳子 Jazz & Voice Reading Live Show 「風味体感レストラン恋物語 」

KIMG4644.JPG


高泉淳子 Jazz & Voice Reading Live Show
「風味体感レストラン恋物語 」@ 東京 コットンクラブ

8月8日(火)
21時からのセカンドステージを観てきました。

年末のお楽しみ公演「ア・ラ・カルト」は、歌あり、お芝居ありの楽しい
公演。
今回は、ちょっと高級で大人の雰囲気の漂う、コットンクラブバージョン。

残念なのはヴァイオリニストの中西俊博さんが、怪我のためお休み。
代わりの方が参加することになりました。


内容は泉さんが書かれた短編小説「アンゴスチュラ・ビターズな君へ」を
元にしたリーディングとジャズ演奏のコラボ。
内容的には、すでに何度も観てきた物と同じでさほど目新しさはないものの、
舞台セットの無いリーディングのお芝居とジャズ演奏の楽しい公演でした。
こ生意気な少女のドレスが黒というのが
ゴスロリというかコットンクラブバージョンというか。

東京駅そばのコットンクラブは、今回初めて行きました。

公演に合わせたドリンク。

KIMG4645.JPG


せっかくなのでパスタを注文しました。

KIMG4646.JPG




コットンクラブは場所が場所なので、少々お高いのが難ですが、
たまの贅沢な時間を楽しむのも良いかと。



高泉淳子 (vo,voice)

有田純弘 (g,mandolin)
Patrick Nugier (accor,vo)
Brent Nussey (b)
三井大生 (vin)

釆澤靖起 [文学座] (voice)
清水明彦[文学座](voice) ※2nd.showのみ出演

※voice=語り/朗読

posted by みどり at 21:39| Comment(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

映画「東京喰種」

1502324114086.jpg


1502324133815.jpg


映画「東京喰種」@ movix亀有

映画公式サイトはこちら。
http://tokyoghoul.jp/

8月7日(月)
見てきました。

狙ったわけではないのですが、みてきた回は上映日、東京の丸の内ピカデリー1からの監督、出演者、エンディング音楽担当の方による舞台挨拶が全国の映画館へ生中継されてました。


入場するとき「2週目入場者プレゼント」をもらいました。
カードが1毎年入ってました。
いくつか種類があるようです。


さて映画。
原作コミックは全く知りませんでした。
アニメも作られてたんですね。

人間を食べる、と言うか生きるためには人間を食らうことしかできないグールという生命体。
一度は人間に殲滅させられたと、想われたが密かに街にかくれすんでいて、かれらを狩るハンターとの対決の物語。




こう言う話し、嫌いではないのですが、今回はあまり好きになれない。
何でかな。

ただ、いつもはさほどファンではないハンター役の大泉洋さんが、カッコいいなあと思いましたよ。
posted by みどり at 09:35| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

「澁澤龍彦没後30年」展 :第一部「石の夢」

1502202345285.jpg
「澁澤龍彦没後30年」展、第一部「石の夢」 @ LIBRAIRIE6/シス書店

展覧会公式サイトはこちら。
http://librairie6.exblog.jp/25055816/


8月5日(土)
スパンアートギャラリーの後で見てきました。

澁澤龍彦さんと石のの関係を知らなかったのですが「石の夢」というタイトルの文を書いているそうな。

展示されているのは、小さな風景画。
と思ったらこれは石を切断して偶然に見える物なのだとか。
長年、岩を切る仕事をしてる職人さんによるもの、と店主さんからお話をうかがえました。
ピカソや大物芸術家とも、交流の多かった職人さんだとか。

澁澤龍彦さんの生原稿の展示もされてます。
升目にきちんと読みやすい字で書いてあるのが印象的でした。
posted by みどり at 23:51| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学 展」

1502201823739.jpg
「オマージュ渋澤龍彦-悪徳の栄え- そのエロチィシズムと背徳の美学 展」@ スパンアートギャラリー

7月29日〜 8月8日


8月5日(土)
見てきました。

作家、澁澤龍彦さんの没後30年という節目の今年は、あちこちで澁澤さん関連の展覧会が開催予定になってます。


今回、一番のお目当てはオブジェ作家、桑原弘明氏の作品を見ることでした。

澁澤邸の玄関をモチーフにした作品でした。
細部まで作られた玄関のドア。
ドアの向こうに澁澤氏の気配を感じた方が、購入されたのかな。

ドイツ文学者、種村季弘氏に宛てた澁澤さんの手紙が見られるのも興味深い。

この日は、このあと恵比寿のLIBRARIE 6へ向かいました。
posted by みどり at 23:21| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

「黒部ルート見学会」参加してきました!その5・黒部川第四発電所見学、昼食時間。

DSC02198.JPG



通称くろよん、こと黒部川第四発電所に着いたのはちょうど12時頃。

大きな部屋に、名札と水が置かれていました。
DSC02203.JPG


荷物を置いてから発電所の中を案内していただきました。

DSC02211.JPG


DSC02210.JPG


DSC02214.JPG


DSC02216.JPG


DSC02218.JPG


実際に使われていた巨大なタービンも置かれていました。
ここは見学用にきれいに整備されているようです。

制御室。
絵になりますね。

DSC02227.JPG



DSC02231.JPG



DSC02233.JPG



動いているタービン室も見学。
ものすごい轟音です。

DSC02235.JPG


DSC02239.JPG





そして楽しい昼食タイム。
お弁当は自前ですが、ペットボトルのお水とポットに入った暖かい
お茶も用意されていました。

KIMG4545.JPG


KIMG4546.JPG


KIMG4547.JPG


昼食後は、欅平に向かいます。
続きはまた後日に。

posted by みどり at 17:26| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒部ルート見学会」参加してきました!その4・インクラインに乗ってクロヨンへ。


黒部ルート見学会に参加してきました。
改めて、どういう場所を通るのかご紹介します。

ところで黄緑色の紐がついたのが、参加章。

KIMG4532.JPG


見学者が通れる黒部ルートは、地図で見るのが一番早い。
この地図は、参加者に送られた見学のしおりの中のものです。
中央が黒部川。上が黒部ダム。地図で見ると川の左側が減額ルート。
地図の下が欅平です。

kurob2.jpg


黒部ダム駅から厳重な荷物チェックを受けてから、バスに乗り込み
資材を運ぶための黒部ダムとを作廊をむすんだ、黒部トンネルを通ります。

バスから降りて通路を通り、いったん外の景色を眺めます。

DSC02151.JPG


DSC02163.JPG


とても良い景色。

DSC02161.JPG


DSC02162.JPG


見えないけれど、この景色の真下は黒部川が流れています。

ここから、黒部川第四発電所へ資材を運ぶために作られた
インクラインと呼ばれる乗り物に乗り込みます。

DSC02164.JPG


DSC02165.JPG


DSC02166.JPG


DSC02172.JPG


DSC02174.JPG




英語でInclineは、傾斜という意味。
坂を下りていくのですがここの傾斜は34度だそうです。



DSC02175.JPG


DSC02177.JPG


DSC02178.JPG


私たちが乗り込むのは上部の箱の部分。
資材は、この下に置けるようになってるのだそうです。

DSC02185.JPG


巨大な巻き上げ機で引っ張ってるらしい。

DSC02182.JPG


途中、登りのインクラインとすれ違います。

DSC02186.JPG


DSC02191.JPG


DSC02195.JPG


これには欅平から出発した見学の方達が乗ってるのですって。


DSC02198.JPG


DSC02199.JPG


DSC02200.JPG


DSC02201.JPG



いよいよ、この日のメイン、黒部川第四発電所に着きました。


この続きは後ほど。

posted by みどり at 16:48| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

「手のひらの宇宙」刊行記念イベント

1502009896789.jpg



「手のひらの宇宙」刊行記念イベント@神保町いちのいち グランスタ丸の内店



8月4日(金)

+α(プラスアルファ)の戸水賢志さんが作られる、硝子のアクセサリー、宇宙ガラス。
丸いガラス玉の中に、見える景色が、美しい宇宙空間をイメージさせます。

とても人気があり、販売は毎回抽選方式。
私も10回ほど応募でようやく当選。購入することができました。

今回はその宇宙ガラスの、初めての写真集刊行を記念したイベントでした。


宇宙ガラスの抽選販売。
私も申し込んできました。

そして、本を購入すると会場にいらしてる、戸水さんにサインをいただけるのでした。

当初、本を買うつもりではなかったのですが、なかを見るとあまりにも美しい。

やはり購入。
サインをいただいてきました!


1502009919341.jpg


1502009949752.jpg





8月15日(火) 追記
抽選に当選しました!
早速受け取ってきた写真をアップしておきます。
ガラス玉の中に人工のホワイトオパールが入っています。

DSC02668.JPG


DSC02667.JPG


蛍光灯の明かりの下では、また色が少し変わります。

DSC02666.JPG



下の写真は、以前プラスアルファさんの公式サイトの
抽選販売で当選した宇宙ガラスです。
こちらはブラックオパール入り。

DSC02665.JPG

posted by みどり at 19:46| Comment(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

点滴堂企画展「星座巡礼・夏」



点滴堂企画展「星座巡礼・夏」@点滴堂
8月2日(水)〜8月13日(日)まで
http://tentekido.info/

8月4日(金)
観てきました。

以前から気になっていた点滴堂さん。
古書カフェそして、ギャラリーのお店。

三鷹駅から歩いて少し。


DSC02456.JPG


DSC02457.JPG


DSC02459.JPG


一瞬、ここからはいれるの?と思ってしまいましたが。
入り口に並んでいる本は写真でした。

階段を上がるとお店。

ギャラリースペースでは、複数の作家さんによる星空をキーワードにしたらしい
作品が並んでいました。
星空をイメージした紙、レターセット、ネックレスなど。

ブルーがきれいな作品多数。
ブルーは大好きなので、ついみんなほしくなってしまう。

まよったけれど、ぷちぷちさんのバックチャームと小さなエッチング作品を購入。
エッチングは会期中展示なので、手元に届いてからご紹介したいと思います。

DSC02466.JPG


DSC02467.JPG





seiza.jpg



posted by みどり at 23:18| Comment(0) | 演劇・ダンス・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒部ルート見学会」参加してきました!その3・黒部平から大観峰。そして集合場所へ。



7月31日(月)

扇沢からトロリーバスに乗って黒部ダム駅に到着。
この時点でまだ8時前。

黒部ルート見学会の集合時間は黒部ダム駅10時半なので、
それまでに黒部平、大観峰まで行って帰ってこようと時刻表を事前に
しっかり確認していました。
黒部ダムの上の通路を歩いて、ケーブルカーの黒部湖駅へ。


DSC02048.JPG


DSC02050.JPG


ケーブルカーはほとんどトンネルの中を通ります。

K部平到着。

小さな植物園では、きれいな花も咲いていました。

DSC02063.JPG


DSC02087.JPG


DSC02092.JPG



さらにロープーウェイの乗り場です。
DSC02064.JPG


DSC02067.JPG


緑がかかった湖が黒部湖です。




念願の大観峰へ到着。

DSC02069.JPG




思いがけず、ここで炊き込みご飯のおにぎりにありつけました!

DSC02081.JPG


これが朝ご飯。
DSC02070.JPG



DSC02071.JPG


DSC02075.JPG


さて、この後は逆のルートで黒部ダム駅へ戻ります。

戻ってくると太陽の光の加減で、黒部ダムに美しい虹が出ていました。

DSC02109.JPG


DSC02129.JPG


DSC02116.JPG


何度か黒部に来ていますが、今回は大当たりの天気でした。

DSC02125.JPG


ようやく黒部ルート見学会の集合場所、黒部ダム駅駅長室前に着きました。

DSC02137.JPG


DSC02138.JPG


名前確認などして、いよいよ出発です。
一般のお客さんが通れないドアの向こうへ!(これ本当です)

DSC02140.JPG


工事用通路を通るので、ヘルメット着用です。

DSC02141.JPG


一般の方がトロリーバスで通るすぐ横をとおります。
専用バスに乗り込んで、見学会、いよいよ出発しました。

DSC02147.JPG


続きはまた後ほど!

posted by みどり at 21:59| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」

1501882239133.jpg
映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」@ movix亀有

映画公式サイトはこちら。
http://themummy.jp/


8月3日(木) 
見てきました。
本当は字幕版がみたかったのですが、吹き替え版で。

なんか古きよき時代のホラー映画みたいだな、とおもったら昔の映画「ミイラ再生」が元になってるだそうで、どうりで。

元の映画は、深夜の番組で昔見た覚えがあります。

生きたままミイラされる場面しか覚えてない。
これ、今回の作品にもあります。
昔の映画は男だったけど、今回は美しく野心に燃える王女が、ほぼ主役。

トム・クルーズと、王女役の ソフィア・ブテラの美しさで見せているような作品でした。

ホラーかとおもったら、何となく言葉のはしはしが妙にコミカル。
吹き替え版のせい?

後半の展開が単調なのか、映像的には派手なのに、ちょっと睡魔が。

総合的にはまあまあの作品でした。
posted by みどり at 12:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

「黒部ルート見学会」参加してきました!その2・黒部ダムへ





最初に書類が送られてきてから、参加表明のはがきを送ると、
今度は帰りのトロッコ電車の代金振込票が送られてきました。
私の場合、黒部ダムから欅平へむかうルートで申し込んでいるので、
欅平で解散後、帰るためには黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)を使うのが
唯一の交通手段。
夏休み期間など、観光客が押し寄せるときは事前に予約してないと
希望時間の列車に乗れないくらい。
なので、見学会参加者のために、事前にトロッコ電車の予約を
してくれるのでした。
もちろん代金はこちらで払うのですが、これは助かります。
電話すれれば、予約された時間とは別の列車に変更も可能。

欅平には14時過ぎ頃つくので、14時半頃の列車が予約されてましたが
せっかく黒部峡谷へいくのですから周囲を散策したい。
なので約2時間後の列車に変更してもらいました。

そして当日は、お昼の昼食タイムがある。
しかしあのあたりでお弁当は売ってないよな・・・と、思っていたら
当日受け取れるお弁当の予約のお知らせまで入ってました。

これも予約。
扇沢レストハウスで受け取りにしました。
事前申し込みですが他の場所(黒部ダムレストハウス)でも受け取りOK。


黒部ルート見学会は集合場所が二カ所。
黒部ダム駅か、欅平のどちらか。
はがきで申し込む時点で、どちらかにしています。

私は黒部ダム駅集合で申し込んでいました。
千葉県民の私が、集合場所まで行くにはかなり時間がかかります。



今回は、新宿から夜行高速バスで、立山黒部アルペンルートの入り口扇沢へ。
扇沢はバスの終点なので、乗り過ごしもなく、その点は安心。
扇沢に到着した夜行バスです。

DSC02004.JPG



朝5時半頃につきました。
けっこう良い天気でした。
黒部には、今まで何度もきましたが今回はまずまずの天候。

DSC02006.JPG


5時半についたけど、ここからトロリーバスの始発は7時半。
季節によっては6時半のこともあります。

トロリーバスの扇沢駅の建物です。

KIMG4529.JPG




ここから、この日の最初の目的地、大観峰(だいかんぼう)までは
ネットから往復の切符予約をしてました。
平日なので通常より安いのです。
往復で、今回は5240円
立山黒部アルペンルートの交通費は高額です。
場所が場所ですからね。
アルペンルートの切符の詳細についてはこちらの公式サイトを
ご覧ください。
http://www.alpen-route.com/


ここが切符売り場(引換所)。
切符売り出しは6時45分頃から。
すでにどんどん一般のお客さんがやってくるので並びます。
DSC02007.JPG



扇沢レストハウスは、まだ開店前だけどお弁当は受け取れました。
DSC02009.JPG


お弁当の販売はないとおもったけど、数量限定で販売がされてました。
これは予約したのとは、種類が違いますけどね。

DSC02010.JPG


DSC02011.JPG


トロリーバスの出発を待つ、お客さんにお土産販売も抜け目ない(^^)
スタッフさんのお弁当、お土産の紹介がまるで漫談みたいでした。
とても慣れてるのですね。


いよいよトロリーバスに乗車。

すぐにトンネル内を走ります。
DSC02022.JPG


あっという間につうかですが、ここの途中には黒部ダム建設時、
大難関工事だった破砕帯という場所を通過します。
ぜひこちらの建設ヒストリーをご覧ください。
http://www.kurobe-dam.com/whatis/history.html

まもなく黒部ダム駅到着。

DSC02025.JPG


バスの絵も可愛い。

DSC02026.JPG


DSC02028.JPG


階段を上っていくとやがて・・・。


黒部ダム!


DSC02031.JPG




この続きはまた後ほど!





posted by みどり at 20:25| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒部ルート見学会」参加してきました!その1当選!

KIMG4278.JPG



以前から参加してみたいと思っていた、関西電力(富山県も協力)が公募で
行っている、黒部ルート見学会。
運良く当選し、参加してきました!
詳細は、関西電力のサイトをご覧ください。
http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/hokuriku/koubo/index.html


この黒部ルートとは、立山黒部アルペンルートとは少し違って、
一般では通行できない、工事用ルートを通過して、黒部川第四発電所
(通称くろよん)などを見学するという物です。
参加費は無料ですが、集合場所(黒部ダム駅か、黒部峡谷の欅平駅)までの
交通費もちろん自前。


最初にこの黒部ルート見学会のことをしったのは、数年前、立山黒部アルペンルートの
室堂へ行ったとき、たまたまお話をした金沢の方が、教えてくださったのでした。
その方も参加したことがあるとか。

調べてみると、なかなか人気で応募倍率も高い。
私が当選した今回7月31日(月)、は6.4倍だったそうです。
この日は、もしかしたらあたるかもしれないし、と思って仕事は休みを取ってました。
シフト制の仕事をしてるので、休みは、かなり前から希望を出しとかないと
とれないのです。
当たらなければ、それはそれでいいやと。


当初は、抽選が終わってから数日して連絡が来るはずの時に連絡が無かったので、
落選か、と思っていたのですが、しばらくして電話連絡あり!
参加できるかどうかの確認の電話でした。
もちろん参加しますとも!!

当選された方でキャンセルした方がでたので、再抽選を行い私に
チャンスが廻ってきたのでした!
これまで応募は、去年2回、今年1回、計3回目で当選でした。


その後、参加のための書類が送られてきました。
それが冒頭の写真です。

私きっと、今年はここで運を使い果たしてます。

今日から数回に分けて、見学会と、ついでに寄ってきた小さな旅の様子を
書き留めていきたいと思います(^^)


posted by みどり at 19:01| Comment(0) | 黒部ルート見学会2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

2017年8月の鑑賞予定表

ブログ更新がままならぬ日々が続きもどかしいのですが。
日記として、少しでも一行でも、書いていければなと、思っています。

早速、今月の予定表。
いつもならJR浜松町駅の小便小僧君を撮影して写真アップするのですが、
今月はまだいってないので、後ほどにと思います。


映画はもちろんいろいろ観たい。
展覧会も、関東圏以外のものも行く予定です。

三重県立美術館のテオ・ヤンセン展、行く予定です。
三重県の津駅から、すぐらしいのですが行くのは初めて。
せっかくなので、名古屋市内の展覧会も観てくるつもりです。


そして以前から行ってみたいと思っていた、長野県岡谷市にあるイルフ童画館
童画家、武井武雄氏の作品が収められている美術館。
そして岡谷にはサンキョーオルゴール記念館・すわのね、がある。
あわせて行ってきます。



演劇鑑賞では「プレーヤー」、勅使河原三郎氏のダンス公演「月に吠える」チケットを押さえています。
ダンスカンパニー、コンドルズの公演もチケット確保。


チケットが取れずにいる新国立劇場で上演中の「子どもの事情」
当日券は開演1時間半前から抽選販売なので、2回並びましたが惨敗でした。
数枚の当日券のために毎回100人近くが、並ぶようです。
日によっては200人くらい並んでることもあるようです。
もう1回ならんでみるか、と思っています。

日本総合悲劇協会の「業音」も。



音楽。
チケットを押さえているのは、今のところ大野一雄さん(ルパン三世の作曲で有名)のライブ。
泉淳子さんの、東京コットンクラブでのライブ。



今月もあたふたしながら、駆け回ることになります。




posted by みどり at 23:55| Comment(0) | 今月の予定表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「ジェーン・ドウの解剖」

1500638314565.jpg
「ジェーン・ドウの解剖」@渋谷アップリンク

映画公式サイトはこちら
http://janedoe.jp/sp/


7月20日(木) 
観てきました。

本作品は全米最大のジャンル映画の祭典「ファンタスティック・フェスト」で最優秀作品賞の栄冠に輝いたそうです。

身元不明の遺体の検死解剖することになった二人が体験する恐怖。


これは半端なく怖くて面白かった。

目を見開いたままの、美しい女性の遺体。嵐の夜。
停電。闇のなかに浮かぶ人影。
物音。
かつてあった魔女狩り。

怖がらせる要素がこれでもかと散りばめられて、実に見せ方が上手い。
演出が良いです。

パンフレットが作られて無かったのが残念です。

人体解剖の場面がメインなので、あまり人にはオススメできませんが良くできた作品だと思いました。
posted by みどり at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

1499144253222.jpg

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」@ movix亀有


映画公式サイトはこちら
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/sp/


7月3日(月)、観てきました。


とある殺人事件の時効成立。
その後、犯人が見つかっても法律では裁けなくなる。

その時を待ってたとばかりに、「私が殺人犯です」と、堂々と登場し、事件についての本まで出版。
よくも悪くも世間の注目を浴びる。


登場してきた男はほんとに犯人なのか?彼の真の目的は?
と、その後の展開が予測がつかない面白さでした。

さすがに中盤になると、少し先が読めて来るのですが、二転三転する展開は脚本の上手さを感じました。

あえて言うと、22年前のさつじんじけんの犯人は私、と言ってる人物をまだ若い藤原竜也君が演じてること。
22年前はあんたいくつ?と、なってしまうでしょ。
若く見える元犯人、と言うことか。

まあ、面白かったからそのあたりは、目をつぶることにしましょうか。
posted by みどり at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

綿引明弘 個展 "Sweet Dreams"


watab.jpg


綿引明弘 個展 "Sweet Dreams"@あるぴいの銀花ギャラリー 

綿引明弘さんの公式サイトはこちら
http://www.cast-studio.jp/#home

ギャラリー公式サイトはこちら
http://alpinoginka.com/

6月30日(金) 

私も小さな作品を何点か持っている綿引明弘さんの個展へ行ってきました。
アクリル板の裏側から線で絵を描き、色を塗っていくクリアグラフが有名です。

初めて行く、あるぴいの銀花ギャラリー。
レストランや、ギャラリーもある小さな場所アルピーノ村。

KIMG4130.jpg


KIMG4137.jpg


ギャラリーは、カフェの奥のスペースでした。

行って観ると、ちょうど綿引さんもいらしていてワークショップが終わったところ
のようでした。

今までも参加してみたいと、おもいつつ時間の都合がつかなかったのですが
今回、特別に綿引さんからやってみる?とお誘いをうけたので、
喜んで参加することにしました。
本来は材料費込みで60分2000円のところ、30分で小さな材料を使って1000円!
ありがたや。

小型の透明なアクリル板を用意。

KIMG4132.jpg


さらに自分の好きな絵(今回は用意されていた絵の中でブラックの魚を選びました)
の上に、そのアクリル板をおいて釘でひっかくように描いていきます。

途中、綿引さんがアクリル板の裏側に色をぬってくれて、
その絵の具を、またひっかいて取り除き、さらに色を重ねる。

迷わずどんどん、いろいろこすって、削っていくのがいいみたい。
KIMG4134.jpg


KIMG4133.jpg

これを繰り返すこと数回。


おおっ!
私でも、なんだか素敵な作品になりましたよ。
もちろん綿引さんが助けてくれたおかげです(^^)

DSC01813.JPG



綿引さんの個展は、次回は12月に銀座のギャラリー椿で。
こちらもとても楽しみです!



posted by みどり at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・展覧会・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする